https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

東芝不正会計問題で東京地検特捜部は証券監視委に立件困難との意見を伝達。監視委は3社長告発を見送る公算。

Amazon.co.jp: 悪い奴ほどよく眠る [DVD]の ozawa39さんのレビュー

国家権力と大企業のどろどろの間で
犠牲になっていく人々は今も絶えません。
現在原発で懸命の作業をされている方々もそうです。
奴隷国家ニッポンに幸あれ

Amazon.co.jp: 悪い奴ほどよく眠る [DVD]の 汐菱Qさんのレビュー

 悪い奴らには、階級があり、下の方ほど、夜眠る暇がなく、上の方ほど、よく眠れる。
 後始末の為に、夜を徹して動き回っていた悪い奴が、朝になって親玉に電話報告し、つい『おやすみなさい』と言ってしまう。そんな象徴的な場面が、最後にあります。

Amazon.co.jp: 悪い奴ほどよく眠る[DVD]の 痴素人評論家出世八五郎さんのレビュー

悪い奴ほどよく眠るんだよ(°д°)それもな夢も光もなくただ、朧な世間的価値の中で自分を価値あるものとしてるんだよヽ(`Д')ノ

Amazon.co.jp: 悪い奴ほどよく眠る[DVD]の blstさんのレビュー

善と悪、どのそしていつの時代の社会にもある、悪い=巧みな奴。癒着、共謀、自己保全、策略、得意な奴はいつの日にもいるものだ。政治にしてもローマ時代からすでに腐敗との共存共栄関係だった。悪い奴は時代が変わろうが、結局なくなりはしないのだし、いつも善と悪は隣り合わせにあるものなのだろう。しかし、本作品の結末は悲しいすぎるものだ。これが宿命なのか。黒沢の世界観とはこれなのか。それとも、善とは追い求めることであり、いつもほんの少しの距離で手の届かないものなのだろうか。または、それに向けて手を伸ばそうとする営みが、善そのものなのだろうか。明らかなのは、悪があるから善があり、善があるから悪があることではないか。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160618#1466247234
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160607#1465296475