https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

宝塚歌劇団の元理事で演出家の柴田侑宏(しばた・ゆきひろ)さんが19日、亡くなった。87歳だった。

柴田さんは大阪府出身で、58年に宝塚歌劇団に入団。61年、宝塚新芸劇場公演「河童とあまっこ」で演出家デビューした。62年には「狐大名」で宝塚大劇場作の演出を手がけ、75年「フィレンツェに燃える」で芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。76年には「あかねさす紫の花」「星影の人」「バレンシアの熱い花」と、次々に作品を発表し、好評を博した。

81年の「新源氏物語」、83年の「うたかたの恋」などは美しいドラマとして評価が高く、近年も再演。84年の「琥珀色の雨にぬれて」、85年の「哀しみのコルドバ」では、大人の恋、情熱を繊細に描いた。山本周五郎作品をもとにした「川霧の橋」や、92年の旧宝塚大劇場ファイナル公演として「忠臣蔵」も手がけた。

97年の「仮面のロマネスク」では貴族社会を描き、同年には宝塚歌劇への貢献に対し、菊田一夫演劇賞特別賞を受賞した。

近年では、第1次世界大戦のスペインを舞台にした男女、人間模様を描いた「黒豹のごとく」を発表し、当時星組トップの柚希礼音がサヨナラ公演として主演。昨年は、00年初演の「凱旋門」が雪組で再演されるなど、現代のタカラジェンヌが演じ継ぐ、多くの名作を生み出した。

ja.wikipedia.org

d1021.hatenadiary.jp