https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


【女子ソロキャンプ】八ヶ岳で秋のコテージ泊 ラージメスティンで作るペッパーランチとすだち酒

#エンタメ


美味しんぼ【デジタルリマスター版】 第1話「究極のメニュー」


神が言葉を降ろす意味と神という概念とは【神様の月いちメッセージ:午前】速開都比売様の大祓祈り2020年10月1日午後11時11分

d1021.hatenadiary.jp

#天無神人

これは2日、ホンダの八郷隆弘社長がオンラインで記者会見をして表明しました。

ホンダは日本の自動車メーカーとして1964年に初めてF1に参戦し、1980年代後半から90年代前半にかけてはホンダのエンジンを載せたマシンで故・アイルトン・セナアラン・プロストが優勝を重ね、黄金時代を築きました。

業績の悪化で1992年に撤退したあと、2000年に復帰しましたが、2008年にはリーマンショックによる世界的な景気悪化の影響を受けて撤退を余儀なくされ、会見で当時の福井威夫社長が「大変困難な決断だった」と涙ながらに述べました。

その後、2015年に復帰し、レッドブル・レーシングと組んだ去年6月のオーストラリア・グランプリで13年ぶりの優勝を果たすなど2019年シーズンは3勝、2020年シーズンは2勝を挙げています。

今回、F1から撤退する理由について、八郷社長は「自動車業界は大きな転換期を迎える中、最も重要な課題となっている脱炭素やエネルギー分野に経営資源を重点的に投入していく必要がある。優勝できたことはうれしく、参戦を継続すべきという意見が社内でたくさんあったが、社長として私が判断した」と述べました。

自動車業界をめぐっては欧米などで環境規制がますます厳しくなっていて、主要なメーカーが電気自動車やハイブリッド車の開発を急ピッチで進めています。

ホンダも2030年までに販売する自動車の3分の2を電動化するという目標を掲げていて、開発の重点をガソリン車から、電気自動車や燃料電池車に移していくことにしています。

逮捕されたのは熊本市の大学生、林田拓海容疑者(21)と、兵庫県三田市システムエンジニア、大槻隆信容疑者(47)です。

警視庁によりますと、2人は去年12月からことし7月にかけて、アダルト動画の出演者の顔を合わせて4人の女性芸能人の顔と入れ替えた偽の動画を作成し、インターネットで配信したとして名誉毀損著作権法違反の疑いが持たれています。

2人はパソコンとインターネット上のフリーソフトを使い、「ディープフェイク」と呼ばれる技術で芸能人1人につき、およそ3万枚の画像をAIに学習させたうえで、アダルト動画と合成していたということです。

調べに対しいずれも容疑を認め「金もうけをしたかった」、「技術を評価してもらいたかった」などと、供述しているということです。

このうち林田容疑者は会員制の有料サイトを運営し、およそ80万円を売り上げていたということで、警視庁は2人がこれまでに合わせて1200本を超える偽の動画を作成したとみて調べています。

警視庁によりますと「ディープフェイク」の動画をめぐって、制作者が逮捕されたのは初めてだということです。

AI=人工知能を使って精巧な偽の動画を作る「ディープフェイク」と呼ばれる技術を使い芸能人の顔をアダルトビデオの女性の体に合成した動画を作成したなどとして、大分県の30歳の男が著作権法違反などの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは大分県杵築市の無職、野間口功也容疑者(30)です。

京都府警察本部によりますと、野間口容疑者はことし4月、AIで本物と見分けが付かないほど精巧な偽動画を作る「ディープフェイク」と呼ばれる技術を使って芸能人の顔をアダルトビデオの女性の体に合成した動画を作成し、ツイッターに掲載したなどとして、著作権法違反や名誉毀損の疑いが持たれています。

調べに対して容疑を認め「金もうけのためにやった」などと供述しているということです。

警察は野間口容疑者が専用のアプリを使って100本以上の偽動画を作り、販売料やサイトの広告収入で50万円余りの利益を得ていたとみて調べています。

警察によりますと、「ディープフェイク」を使った偽動画の制作者が検挙されるのは全国で初めてだということです。

「ディープフェイク」とは、AI=人工知能を使って、本物と見分けがつかないほどの巧妙な偽の動画を作る技術のことです。

ある人の顔の映像や音声データを集めてAIに学習させることで、合成された顔を単純なすり替えではなく、自然な表情で動かします。

3年ほど前から海外を中心に広がりはじめ、アメリカのオバマ前大統領やフェイスブックザッカーバーグCEOが実際には言っていないことをインタビューで話したように加工した偽の動画などが公開され、議論を呼びました。

ディープフェイク自体を規制する法律はなく、被害をどう防ぐのか課題となっています。

警視庁によりますと、「ディープフェイク」の技術で作成したとみられる偽のアダルト動画は、国内では去年からインターネット上で確認されるようになりました。

警視庁がサイバーパトロールを行った結果、9月末までに少なくとも3500本が確認され、被害に遭ったとみられる女性芸能人は、俳優やアイドルなどおよそ200人に上っているということです。

「ディープフェイク」は、画像や音声などをAIに繰り返し学習させることで本物と見分けがつかないほどの動画を作成する技術ですが、インターネット上には専用のフリーソフトが出回っているほか、作り方を指南するサイトもあり、専門家は被害が拡大する要因になっていると指摘しています。

また、「ディープフェイク」の動画を専門に扱うサイトなども増えているということで、警視庁は今後、取締りを強化することにしています。

情報セキュリティ大学院大学の湯淺墾道教授によりますと、「ディープフェイク」はすでに亡くなった俳優を現代の映像に登場させるなど、主に映画産業で発達してきた技術だということです。

しかし、技術が進歩してスマートフォンでも手軽に動画の合成や編集ができるようになり、アメリカでは有名な政治家が酔っ払った状態で討論会に出席しているような偽の動画が拡散されたり、ポルノに使われたりと、悪用されるケースが増えているということです。

湯淺教授は、日本でも今後同様のケースが増えることが考えられるとして、制作者が検挙されたことは抑止効果につながり、意義があることだと述べました。

一方で、ディープフェイクの規制は画像の加工や公開といった行為の規制につながる可能性があり「表現の自由を守ることと名誉毀損を取り締まるというバランスをいかに取っていくかが法的な課題だ」と指摘しました。

また、被害を減らすためにディープフェイクを使った偽動画の作成や配信が犯罪になりうるということを広めるとともに、被害にあった人の支援にあたる団体が必要になると話しています。

#法律

正倉院では、奈良時代に作られた校倉造りの正倉に入っていた聖武天皇の愛用品や東大寺ゆかりの宝物など、およそ9000点を宝庫と呼ばれる建物に移して保管しています。

1日は、宝物の点検や調査のため、年に一度、部屋の封印を解く「開封の儀」が行われ、正倉院事務所の所長の先導で、宮内庁の職員や東大寺の僧侶などが手や口を清めたあと、宝庫に入りました。

宝庫の中では、宝物が収められている6つの部屋の扉の封印が、はさみで解かれたということです。

正倉院ではこのあと、来月末にかけて宝物の点検や調査が行われます。

これに合わせて宝物の一部、59件が今月24日から奈良国立博物館で「正倉院展」として、一般に公開されます。

ことしの「正倉院展」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当日券の販売はなく、入場するためには日時が指定された前売り券の購入が必要となっています。

宮城橋

#アウトドア#交通