https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

nhk2.5ch.net

小さい人でしかできない魅惑の「谷間」
前傾姿勢になったときに、ちらっと「谷間」ができたところが見えた時!

俺が旦那だったら一歩も外には出さず床の間に飾っておくねww

今宵もかわいい黄色いスカートの伸子

伸び子が履いていた 辛子のスカート
誰の為だと 思ってイルカ
誰の為でも いいじゃないか
みんなその気で 居ればいい


真っ赤なスカーフ 宇宙戦艦ヤマトエンディングテーマ 昭和53(1978)年版 フルコーラス (アナログレコード音源)


真赤なスカーフ

「御用金」とはふだんの年貢にプラスして、農民(など)に課されるお金でした。名目上は、武士が庶民から借りたお金なので、本来ならば利子をつけて返さねばならないのです。しかし、出した側に戻ってこないのが普通でした。各藩の財政は、幕末ともなると赤字が常態化しており、様々なところに借金して、なんとかしのいでいるという恥ずかしい状態だったのです。

 各藩がそういうことなので、幕府の状態も似たりよったりでした。経費は増える一方なのに、武士の収入ときたら、農民によって収穫されたコメをベースにしているので、当時の技術でコメの品種改良しようが、水田のための埋立地を作ろうが、大幅な増収はほぼ望めないのです。

 ……というわけで、各藩そして徳川将軍家の金蔵は(それこそドラマで描かれたごとく、稼げている庶民に金をせびりにいかねばならないほど)カラッポだったということになります。

 もともと「(埋蔵)金がない!」と騒ぎ出したのは、いわゆる明治新政府のお役人たちなんですね。開城された江戸城の倉庫に金がまったく残っていないので、「どういうことだ!」「徳川家康が溜め込んだ金が残っているはずなのに!」と彼らは疑いました。

 家康の遺産の詳細を記した帳簿「久能御蔵金銀請取帳」によると、「金九四万両、銀四万九五三〇貫目、銀銭五五〇両で、金換算では実に二〇〇万両(村上隆金・銀・銅の日本史』)とあります。当時の1両の相場は高く、「二〇〇万両」=2000億円以上でしょうか。

 しかし、ここからわかるように、江戸時代初期の家康の死の時点で「360万両」も「ない」のでした。

 そして、その200万両も、家康の孫にあたる徳川家光の時代には使い果たされたことが確実なのでした。簡単にいうと100万両は、すでに財政難の御三家に分配され、残りの100万両は「おじいちゃん(=家康)大好きっ子」すぎた家光の手で、日光東照宮……つまり、家康公を顕彰する目的の霊廟建築の建造費に費やされ、差し引きゼロ(かそれ以下)になってしまったのです。

 おまけに家光は父・秀忠時代に建築された江戸城天守閣を、より高く、より豪華に作り変えていますから(しかし完成後、わずか4年で焼失)。これは単なる浪費というより、世間に「幕府の権力基盤は盤石だ! 戦国時代に逆戻りなどはしないぞ!」という意思表明が目的だったと思われます。昔ならば戦に費やしていた、あるいは貯蓄していた大金を、豪華な建築「なんか」に費やしてしまうことで、世間に強く「平和」をアピールしたかったのだと思いますが……いかんせん、使い込みすぎました。

 実は、晩年の徳川家康の個人資産が200万両=2000億円まで膨れ上がったのも、豊臣家の資金源だった各地の金山・銀山を手中に納めることができたからです。いわゆる「久能御蔵金銀請取帳」に記される徳川家康の資産が一気に増えたのは、彼が征夷大将軍の職から退いた最晩年10年の間とのこと(いわゆる「大御所時代」)。とくに豊臣家を滅亡させた1615年以降、一気に、という感じではなかったかと想像されます。

 しかし、その頼みの金山も江戸時代初期には早くも枯渇してしまったので、和製ゴールドラッシュの夢は儚く消えました。「金ならジャブジャブ、湯水の如くに使っても大丈夫!」という状態ではなくなり、その後はジリ貧一方なのが将軍家の懐事情だったわけです。

 将軍家がダメなら、末端の各藩の財政はもっとダメで、武士社会全体が、貯蓄を増やすことなどできなかったでしょうねぇ。それこそ渋沢栄一みたいに「商い」を武士もやろう!と思えればよかったのでしょうが、武士はあくまで自分では稼ごうとしなかったのです。ここらへんの価値観のシフトができなかったがゆえに、江戸幕府は260年あまりで滅亡せざるをえなかったのです。

春秋戦国時代の中国。秦の始皇帝の母、李皓ランの波乱に満ちた人生を描く愛と闘いの物語。晧ラン(こうらん)と息子の政(せい)は、ついに秦へ向け出発するが…。

趙にいる皓ラン(こうらん)にうれしい知らせが届く。秦で子楚(しそ)が王位継承者である太子になったことで、ついに秦に行く許可が出た。皓ランたちの出発直後、彼女に恨みを持つ虞平(ぐへい)がやってくる。なんと、皓ランたちを秦に送り届ける護衛長に任ぜられたというのだ。不穏な空気の中、宿営地で政の姿が見えなくなる。秦では国王が亡くなり、安国君(あんこくくん)の正式な即位の前に皆、喪に服していた。

ja.wikipedia.org

秦の偽宦官。当初は呂不韋食客であったが、嬴政(後の始皇帝)の母の趙姫(太后)と関係を持ち、一時は権勢を誇った。

呂不韋は嬴政の母の趙姫(太后)と長年不倫関係を続けていたが、淫乱な太后を老年に差し掛かった彼が満足させることは難しくなり、同時にその関係は非常に危険なことであった。そこで関係を清算したがっていた呂不韋は、自身の身代わりとして彼を後宮に送り込んだ。

だが、房事での出世は周囲の評判が悪く、密告により政に知られることになって、内偵により太后との密通が露見した。そこで嫪毐は御璽及び太后の印璽を盗み出して、兵を集めて反乱を起こそうとした。

側室の座を狙ってた者たち。

ja.wikipedia.org

秦の始皇帝の弟。

#テレビ