https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

substantiveの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

ジェームズ・マティス - Wikipedia

通称は「カオス」、「戦う修道士」、「狂犬マティス」。

チャック・シューマー - Wikipedia

シューマー氏:トランプ氏公約の米金融規制改革法撤廃、阻止可能 - Bloomberg

民主党のシューマー次期上院院内総務はトランプ次期大統領の公約である米金融規制改革法(ドッド・フランク法)の撤廃について、阻止するための票数を有していると述べた。


  シューマー氏は20日放送のNBCテレビの番組「ミート・ザ・プレス」で、こうした闘いで上院少数派の民主党共和党議員の支援を受けるだろうと予想。「われわれはトランプ氏を阻止するための60票を持っている」と述べた。


  トランプ氏は選挙戦で、同法撤廃を公約。8日の大統領選での同氏当選を受けて政権移行チームは「ドッド・フランク法を撤廃し、経済成長と雇用創出を促進する新たな政策に置き換えるよう取り組む」方針だとしている。


  シューマー氏はまた、トランプ氏が医療保険制度改革法(オバマケア)を撤廃しようとすれば、敗北に直面するだろうとも予測。その一方で、通商法の「劇的な変更」と税法の抜け穴をふさぐことには支持を表明した。


原題:Schumer Says He Can Block Trump’s Efforts to Repeal Dodd-Frank(抜粋)


 ペンス氏は、18日夜にブロードウェーで人気ミュージカル「ハミルトン」を観劇した際、出演者が「米国の価値を守り、すべての国民のために尽くす」ようトランプ政権に求めるとの声明を読み上げたことにも触れた。同氏は「舞台で読み上げられた声明は聞こえた。気分は害していない」とし、「劇場がそうしたことを言うのにふさわしい場所かどうかの判断は他の人たちに委ねる。劇自体はすばらしかった」と受け流した。一方、トランプ氏は19日にツイッター上で、ペンス氏は嫌がらせを受けたと強い調子で非難し、謝罪を要求した。

self-righteousの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

self-righteousの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

Self–righteous | Definition of Self–righteous by Merriam-Webster

self-importanceの意味 - 英和辞典 Weblio辞書

self-importanceの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

Self–importance | Definition of Self–importance by Merriam-Webster

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161120#1479638498

堀茂樹氏 トランプ支持者が求めたのは“差別”による一体感 | 日刊ゲンダイDIGITAL

リーマン・ショックアラブの春、英国のEU離脱などをことごとく予言した著名な仏人類学者エマニュエル・トッドの友人であり、彼の著書の翻訳者でもある堀茂樹氏は、「英米での結果は決定打になる」と予想する一方で、「日本は世界の潮流からズレている」と言った。

英米で始まったグローバリズムが、その英米で終わりを迎える。欧州では、スペインのポデモス、イタリアの五つ星運動、フランスの極右・国民戦線など、すでにそうした兆候がありましたが、今年、英米で出た国民投票と大統領選の結果は、決定打になると思います。

米国にはさまざまな地域や文化的出自の移民が集まっているのに、1、2世代でみな英国風のマインドに同化します。英国風は、人種・民族の違いをリアルなものと見なします。つまり、人間観が普遍主義的でなく、同じ個人主義でも、そこがフランス風と異なる点です。そしてそこから、人種差別も、一見その正反対に映る多文化主義も派生します。

「グローバリゼーション・ファティーグ」は日本でもすでに顕著です。外国人が増え、金融自由化でお金は海外へ出ていく。英語が話せなければアウト、というような社会的圧力も強まっています。こうした現象に対し、「やっぱり日本人なんだよ」という日本回帰が起きている。加えて、日本でも格差の拡大があるため、日本人としての一体感を通して平等感覚を得たいという欲求が生まれ、それが在日差別などにつながっている。

 日本の場合、「グローバリゼーション・ファティーグ」が安倍首相人気の一因だと思います。現実には安倍さんは経団連と仲良しで、新自由主義に走っています。「日本を取り戻す」と言いながら、TPPに象徴されるタイプの自由貿易に前のめりなのですから。それなのに、「反グローバリズム」が安倍さん人気を支えるというおかしな現象になるのは、左翼やリベラルが国家嫌いのせいで、受け皿にならないからです。

――確かに安倍政権はナショナリズムに見えて、新自由主義グローバリズムを肯定しています。


 自民党国家主義ではなく、家族主義です。これは国家によるレギュレーションをやめようとする新自由主義と表裏一体です。表面上は、観念的にナショナリズムなので、EU離脱やトランプ現象と共振するかのように映りますが、本質は世界とズレていますよ。

――今回のトランプ勝利で、結局、グローバリズムは民衆を幸せにしない、という結論になっていくと思いますか。


 富裕層にとっては都合がよかったけれども、それ以外の多くの国民にとっては幸せではない。人の移動だけで考えても、国境がなくなれば、発展途上国のエリート層はどんどん先進国へ流出してしまう。日本でも「グローバルに活躍する人材」とやらの育成を推進していますが、エリート層が国民から遊離し、国民全体への責任感を失ったら、個人的成功を求めて米国辺りへ行ってしまうでしょう。地方の過疎化と同じことが世界規模で起こります。反グローバリズムの波は、差別や排除を伴う点で要注意ですが、EU離脱やトランプ勝利は、全体としては人類にとってポジティブな変化であると、私は価値判断しています。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161117#1479378864

#フランス留学派

APEC「保護主義に対抗」首脳宣言採択し閉幕 | NHKニュース

太平洋を囲む21の国と地域の首脳らが出席して、ペルーの首都リマで開かれていたAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議は、日本時間の21日朝、討議の成果をまとめた首脳宣言を採択して閉幕しました。


首脳宣言では、世界で保護主義的な風潮が広がりを見せていることを踏まえて、「あらゆる形態の保護主義に対抗するとの公約を再確認する」としたうえで、「貿易、投資および開かれた市場の恩恵が幅広く行き渡ることを確たるものにするため、社会のあらゆる部門に働きかける必要性を認識している」としています。


そして、FTAAP=アジア太平洋自由貿易圏構想は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定や、RCEP=東アジア地域包括的経済連携を含めた現在、進行している地域的な取り組みが基礎になることを再確認したうえで、TPP署名国による国内手続きの完了に向けた努力など、FTAAPの実現への道筋を示した、首脳宣言の付属文書「リマ宣言」を承認するとしています。


また、世界経済の現状については、いくつかの地域圏における不平等、不均等な成長などが将来への不確実性を高めていると指摘したうえで、「グローバルな需要と供給上の課題に対処するため、金融、財政政策および構造改革といった、すべての政策手段を用いることにコミットする」としています。


一方、気候変動については、「食料生産および食料安全保障にとって主要な課題であり、各地域圏において食料安全保障と気候変動の関係に対処する政策の実施についての協力の強化に関与する」としています。

トランプ氏勝利で米中の立場逆転−自由貿易と温暖化対策の促進 - Bloomberg

  来年のトランプ政権誕生で米国の保護主義が強まることを懸念する新興国に対し、習主席は機を逃すことなく中国側の立場をアピールした。ただ中国の軍事的な影響力拡大と領土的野心に対しアジア諸国は警戒感を抱いており、自由貿易と温暖化対策という2つの世界的課題で中国が主導的な役割をどのようにして拡大していくのかについては今のところまだ不透明だ。


原題:China Flips Roles With U.S. in Trump Era With Rebukes on Policy(抜粋)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161120#1479638500

#TPP#ブロック経済

Trump to focus on making free trade, not just free, but also fair – Mohamed El-Erian RT — SophieCo

Mohamed El-Erian: It needs not to be a catastrophe. If he continues with the content and tone of his initial statements, that is actually supportive for the global economy. The content has focused on pro-growth and has de-emphasised protectionism and the tone has been very conciliatory so far.

SS: Now, with the Trans Pacific Partnership officially dead, the Transatlantic trade pact - TTIP- may also die, Trump promised to renegotiate NAFTA and even a trade pact with South Korea:


Donald Trump: "No longer we will enter these massive transactions with many countries that are thousands of pages long and which no one, from our country even reads or understands!"


SS: Will he be able to back out of free trade pacts completely?


ME: What we're seeing happen immediately is that any trade arrangement that hasn't been signed and sealed and delivered is unlikely to go anywhere, and you've mentioned the two: the TTIP between the U.S. and Europe and the TPP between Europe and Pacific countries. So any new trade arrangement is going to be really tricky. Existing trade arrangements - that's evolving. On NAFTA we've already seen both Mexico and Canada come out and say: "Well, maybe, we can re-open some of these arrangements" - I think, they realize the importance of giving something in order to maintain the overall NAFTA arrangement that has served countries rather well. So, you're going to see some negotiations. I, for one, do not expect a dismantling of existing trade arrangements - maybe, some tweaking, but I don't expect a dismantling.


SS: Will China now bring the Asia-Pacific region together with its own economic deal? Will the Trump presidency “let China write the trade rules” - something which Obama’s warned against?


ME: China has been working hard to increase regionalism within China. You see this not only in the bilateral relationships, but you also see it in the multilateral efforts that China has led. After all, China did lead the Asian Infrastructure Investment Bank - it was opposed by the U.S., at the end of the day, very few of the U.S. allies did not join. Most of them did join, and that bank is up and running. So, this has been a multiyear effort by China, it reflects a regionalisation of Asia and I expect that China will continue its efforts in this regard.

ME: I think what a Trump presidency will do is signal that it's not just about free trade, it's about free and fair trade. Whether it is the bilateral arrangements, whether it's the regional arrangements, or whether it's the multilateral arrangements, you're going to see much more emphasise on the fair element of trade. I think, that's going to be a very important component of the discussions going forward. What does that mean? It translates to worker's rights, it translates to standards, to regulation, it translates to a lot of things that are behind free trade and that ensure that free trade is not just free, but also fair.

ME: What the market base is expecting is a more business-friendly administration. In the first instant, that translates into three things: one - deregulation, including lowering excessive constraints to business, two - more infrastructure support, enabling the private sector to do more, and three - corporate tax reform that will be coupled by lower tax rates for businesses. That is what businesses are expecting, that is why the stock market has done so well after the election, and they attribute that to having a more business-friendly person. Then, it will be good for the global economy, but implementation is going to be absolutely the key.

SS: About the tax cuts: Trump wants to pass huge tax cuts - the idea is that this could bring about faster growth. But coupled with promised infrastructure spending, wouldn’t that guarantee America’s 19 trillion $ debt only mounts higher? Can he spur economic growth enough to compensate for the spending?


ME: In his plan, he has growth going up to 4%. If that materialises, then the U.S. will be able to deliver both growth and sound finances. Now, these are ambitious targets. On the tax side, I think you've got to differentiate between household taxation and corporate taxation, and within that, you've got to differentiate between reform, which eliminates all sorts of loopholes and the rate of taxation. So, there's a way to design a revenue-neutral tax reform. Now, it wouldn't involve the sharp declines in tax rates that Mr. Trump has indicated before the elections, but it would certainly be pro-growth, if we are able to clean up the system. You know, we haven't had proper tax reform in the U.S. since the 1980s. That is a long time. The world has changed and the implementation of the tax system has changed. So, this sort of reform has been long overdue and in fact, there’s agreement on both sides of the aisle among Republicans and Democrats that that should be among the top priorities. Where the disagreement is - is on the rates.

トランプ勝利を予言した研究者が危惧する次のリスク|『週刊ダイヤモンド』特別レポート|ダイヤモンド・オンライン

 彼らは、米国滞在中に大学メディア、役人など極めてリベラルな人たちと接触する機会を多く持つことになり、エスタブリッシュメント(既成勢力)との人間関係ができ上がります。


 彼らが米国でヒアリングする際に接触しているのは、こうしたリベラルなエスタブリッシュメントばかりなので、情報にバイアスがかかります。


 トランプ陣営に関与していた安全保障関連のスタッフと面談した際には、「日米の外交的な関係は極めて希薄なものになっている」との指摘を受けました。


 トランプ外交をリスク扱いする以前に、トランプ氏が勝利した今はむしろ、日本政府及び米国研究の有識者の外交チャネルの偏りこそが最大のリスクになっていることを理解すべきです。


 従来までの外交チャネルを見直して、対米外交の在り方そのものを抜本的に改革することが必要だと思います。


Trump transition sources say that Melania Trump and Barron Trump, the wife and youngest son of President-elect Donald Trump, are expected to spend most of their time in New York at least through next spring given "sensitivity" about pulling 10-year-old Barron out of school midyear.


Barron attends school in Manhattan. He and his mother will continue to call Trump Tower home during that time.


President-elect Trump will be inaugurated into office on Jan. 20.


Asked by reporters this afternoon whether he would be moving into the White House after his inauguration, Trump confirmed he would.


He was then asked whether Melania and Barron would be joining him there.


“Very soon," the president-elect said. "After he’s finished with school.”