https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


山口:千葉さんの『勉強の哲学』では、すること自体に目的があるような勉強、それを通じて、自分が「変身」するような勉強が勧められていて、非常に新鮮に感じました。試験のための勉強というのは、「合格」という明確な目的に特化したものだったからです。


司法試験なんて、受かればいいんです。逆に、受からなければ、どれだけ苦しい勉強も報われない。最短距離を、最速で行ける勉強が最も合理的ではないかと。


千葉:だからこそ、必要な水準になるべく早く到達するための効率的な勉強法として、山口さんは「七回読み勉強法」を編み出したのですね。
山口さんにとって、勉強は手段だったとすると、法律を学ぶ目的は何だったのですか。


山口:実は最初は法律が嫌いだったんです。子供のころから好きだったのは、小説やファンタジーで、大学に入ってからも、面白いと思ったのは、アメリカ文学史や『平家物語』についての講義でした。でも、それを職業とすることが、具体的にイメージできなかった。それで、自立して生きていくために実学としての法律をしっかりと学ぼうと決意したんです。


千葉:ぼくは東大の教養学部にいたのですが、ぼくの考える「教養」とは、実学のベースにもなり、実学も大きく包み込んでしまうようなものです。決して実学の反対概念ではありません。


さらにいえば、ぼくにとっての「勉強」は、周りに流されることなく、自分のやりたいことを引き延ばしていくための方法です。その目的は、自分を根本から揺さぶり、「変身」することです。それは「手段」ではなく、終わりのない「過程(プロセス)」だと考えています。

山口:千葉さんがいう「勉強」は、私の言葉でいえば、「学問」ですね。今年、私は東大法学部の大学院博士課程に入ったのですが、入学式で総長が「自分の好奇心の赴くままに追究するのが学問だ」とおっしゃっていました。ですから、私も手段としての勉強から過程としての勉強に移行しつつあるのかもしれません。


そのような「勉強」は素晴らしいと思うのですが、実学としての法学を修め、官僚、弁護士という実務家として働いてきた私は、その「勉強」は、高い能力と余裕を持った限られた人たちのための高尚な贅沢なのではないか、とも思うのです。というのも、私、「考える」ことをほとんどしたことがないんですよ。「悩んだ」こともほとんどない。

千葉さんは受験勉強でも、横にズレていくというか、余計なことをやってしまうタイプだとしたら、私は余分なことは排除して、石を積み上げていくタイプですね。さらに言えば、その先に神を見てしまうんです。


千葉:神?


山口:私は人智を尽くしたんだから、人智を超えるものは必ず私に味方する、という感覚です。

でも、財務省で働いていたときも、弁護士になったときも、私は国家や法には絶対、神を見ないだろうと思いました。その神を大学院の「学問」には見られるんじゃないか、と期待しているんです。

山口:2015年から一年間、ハーバード大学ロースクールに留学して、LLMというインターナショナルな学生のためのプログラムを卒業したことかもしれません。ハーバード大学の女の子たちって、一昔前の学生がマルクスにはまるみたいに、みんなアメリカのフェミニズム法学者の大御所であるキャサリン・マッキノンにはまるんです。彼女は早熟の天才で、イェール大学在学中に書いた論文は、セクシャル・ハラスメントに関する法律を刷新しました。性差別の概念を整えたのも彼女です。


文章も、キレッキレッで、論理も明晰。だから、だいたいの人は一回ははまってしまう。その熱が収まると、クラスでは「マルクス主義が他の考えと並び立たないように、マッキノンもこの世は男に支配されている、という一つの論理で世界のすべてを説明しようとした。他の考えを受け入れる余地がなかったから、多数派になれなかったのよ」なんて議論が始まる。日本に帰ってきて、そんなことを飲み会で話したら、ドン引きじゃないですか。でも、日本でも大学院では、アメリカで出会ったのと同じノリで、みんなが話しているのが嬉しかった。


千葉:大学院では何を研究するつもりなんですか。


山口:総合法政という専攻で、家族についての法律を研究しようと思っています。ハーバードで私がこれまで異常にこだわってきたのは、「家族」だったんだ、と気づかされたからです。

たとえば、2015五年にアメリカの連邦最高裁判所同性婚を承認する判決を出しましたが、この判決には、結婚を崇高なものとするイデオロギーが満ちていて、私には違和感がありました。要は結婚は尊い、異性婚と同性婚は平等だ、ゆえに同性婚尊い、という論法の判決です。でも、私は結婚に「人と人が互いに高め合う尊い関係」といった深遠な意味は不要だと思うんです。社会が結婚に与えている、そういう象徴的意味をはぎ取り、権利と義務からなる契約、つまり事実婚としたうえで、異性婚と同性婚に平等な権利を認めればいいと考えています。

たとえば、ぼくは高校生のとき、親から弁護士になれと勧められました。まったくその気にはならなかったのですが、ぼくの哲学は、すごく相対主義的で、哲学でも社会学でも数学でも、それぞれの立場を行き来して、どの味方にもなりたいし、なれると思っています。それって実は、結局、どんな立場の人間でも弁護できる、という弁護士の理念型に一致しています。今なら「弁護士になったら」という親の勧めも、ぼくの人生の「出来事」の一つだと考えることができます。でも、それは親に勧められたから、そうなったという「必然」や「運命」ではありません。

大学 (書物) - Wikipedia

国家 (対話篇) - Wikipedia

法律 (対話篇) - Wikipedia

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170529#1496055098(『完訳 統治二論 (岩波文庫) 』)

日月神示の記号Θ(マルチョン)の意味とは?|hifumi1810さんのブログ

人間は誰しも神の分け御魂を持つのだから、身体(○)の中に神のキ(ゝ)が入っているのが本来のあるべき姿で、魂である神のキ(ゝ)が曇って光を失うと、(○)だけになります。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170504#1493895459
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170502#1493721101
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161212#1481539029
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20151205#1449311764
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150115#1421318219
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20120412#1334225954
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20080107#1199945158

#陰陽相待性の理法
#勉強法#哲学部