https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


アメリカは、今月26日イギリスで起きたロシアの元スパイの暗殺未遂事件を受けて、国内に駐在するロシアの外交官60人を追放するとともに、西部シアトルにあるロシア総領事館を閉鎖することを明らかにしました。


これに対しロシア外務省は29日、声明を発表し、ロシアに駐在するアメリカのハンツマン大使を外務省に呼び出し、モスクワにあるアメリカ大使館と中部のエカテリンブルクにある総領事館に勤務する合わせて60人の外交官を追放するとともに、第2の都市サンクトペテルブルクアメリ総領事館を閉鎖するよう通告したことを明らかにしました。


声明によりますと、アメリカの外交官は来月5日までに国外退去し、総領事館の建物は今月31日までに明け渡すよう求めたということです。


この事件をめぐっては、ヨーロッパ各国も一斉にロシアの外交官を追放する措置を発表していますが、ロシアのラブロフ外相は29日、「他の国についても対抗措置をとる」と述べていて、欧米とロシアの対立は一段と深まっています。


アメリ国務省のナウアート報道官は、29日の記者会見で、ロシアによるアメリカの外交官の追放措置について、欧米とのさらなる対立を招くだけだと指摘し、「ロシアは元スパイの暗殺未遂事件の被害者のようにふるまうのは止めるべきだ」と述べ、強く非難しました。


そのうえで、ナウアート報道官は「ロシアの措置に応える権利をとどめておく。今回の措置を分析し、適切に対処する」と述べ、報復措置の可能性も示唆しました。


また、ナウアート報道官は「ロシアとはよい関係を築きたいと考えているが、今回の措置はロシア側がアメリカとの関係改善に真剣ではないことを示している」と述べ、ロシア側を批判しました。


この事件は今月4日、イギリス南部のソールズベリーでロシアの元スパイ、セルゲイ・スクリパルさんが、娘のユリアさんとともに意識不明の状態で見つかったものです。


イギリスの公共放送BBCは29日、2人が入院している病院の話として、このうちユリアさんの意識が戻り、会話ができるまでに回復したと伝えました。


事件について、イギリス政府はロシアが開発した神経剤「ノビチョク」を使った暗殺未遂事件だとしていますが、ロシア側は一切の関与を否定しています。


事件を受けて、イギリスやアメリカなど20以上の国がロシアの外交官の追放を発表したのに対し、ロシアも対抗措置を打ち出し、イギリスとロシアが国際社会を巻き込んで激しい対立を続けています。


イギリスの警察は、これまで2人の証言が得られていませんでしたが、ユリアさんの容体が回復したことで今後、当時の状況など、事件の真相解明につながる証言が得られるのか注目されます。