https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

「陛下は英語が大変お上手ですが、一体どこで勉強されたのでしょうか」

 トランプ氏は前日、安倍首相と行動を共にした。安倍首相はゴルフにも大相撲観戦にも通訳を引き連れていたので、トランプ氏が驚くのも無理はなかったのかもしれない。

 陛下は、「英オックスフォード大学に留学経験があり、そこで知り合ったアメリカ人の友人を訪ねて、ニューヨークなどアメリカ各地を回りました」と答えられた。さらに、「皇后もニューヨークの幼稚園、ボストン郊外の高校、そしてハーバード大学で学んだ」と説明されたという。

雅子さまは会見を通じて、メラニア夫人とすべて英語で会話されました。雅子さまが高校2年生になられた愛子さまの話をされると、メラニア夫人も13才の息子バロンさんの話で応じられたそうです」(皇室記者)

 トランプ氏は2017年7月、米紙のインタビューで、安倍首相夫人の昭恵さんについて「(夕食会で隣に座ったが)ハローさえ言わないほど、英語を話さなかった」と発言したことがある。実際、昭恵さんは聖心女子専門学校の英語科を卒業しているので英語が話せないわけではないが、トランプ氏が円滑なコミュニケーションに強いこだわりを持つという象徴的なエピソードだ。

 トランプ夫妻は、雅子さまの類い稀な語学力に衝撃を受けたに違いない。外交官の父を持つ雅子さまは幼少期からソビエト連邦(現ロシア)やアメリカ、スイスなど外国での生活が長かった。進学されたのは、アメリカ最古の大学で、世界最高の知性が集まるハーバード大学経済学部。卒業時には学部でわずか3人だけが受賞する優等賞に選ばれた。

「大学卒業後、東京大学を経て、外交官の道へ進まれた雅子さまは、外務省北米局に勤務されました。アメリカ通商部相手の国際交渉で通訳官を務めたほど英語が堪能で、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語なども話されます。並みの通訳など軽く凌駕するネイティブレベルです」(皇室ジャーナリスト)

 卓越した語学力だけではない。1960年代前半生まれの世代の日本人女性の中でも、雅子さまは教養や知性、国際経験などの面で、間違いなくトップクラスのキャリアウーマンなのだ。

 陛下とご成婚後、雅子さまは紆余曲折を経て適応障害を患われ、皇室の国際親善の場からは遠ざかられていた。それでも、結婚してすぐの頃には、それまでの皇室の国際親善の枠を超えた活躍を果たされてきた。

 たとえば、1994年のアラブ7か国への歴訪。当時、男女が同席しないイスラムの慣習に基づいて別々に晩餐会に臨んだ。雅子さまは女性王族に囲まれながら通訳なしで会話を弾ませたという。

「それまで日本の男性皇族がアラブの男性王族と親交を持つことはありました。しかし、女性王族とパイプを作った皇族は、雅子さまが初めてで、画期的なことでした」(宮内庁関係者)

「トランプ氏は2017年に上皇陛下と会見した際、陛下の右腕を自身の左手でポンポンと親しげに触り、関係者を驚かせました。それだけ“不測な人物”であるがゆえに、日本の皇室についてどれだけの理解があるのか、図りかねる面があった。長い晩餐会の最中にトランプ氏が、たとえば北朝鮮やイランとの複雑な外交情勢について両陛下に話しかける事態も考えられた」(宮内庁関係者)

 会見に先立ち、両陛下は駐米大使からアメリカの国内事情や日米関係についてレクチャーを受けられた。ただ、ある官邸関係者は「雅子さまに限っては、そうした心配はまったくなかった」と話す。

雅子さまは元外交官としてアメリカやヨーロッパに加え、イランやイラクなど中東方面の外交情勢にも造詣が深い。実は療養中にも外交官や国際司法裁判所判事だった父親などから外交の最新の知見は学ばれていたそうです。

 陛下にとっては、国際情勢を熟知する“最強のブレーン”がすぐ近くにいるわけですから、これほど頼もしいことはありません」

 会見中、贈り物の交換が行われた。陛下はトランプ氏に大型の飾り鉢を、メラニア夫人には金細工の飾り箱を贈られた。夫妻からは陛下に80年以上前にアメリカで製造されたビオラが、雅子さまには母校ハーバード大学の木で作ったペンが贈られた。

雅子さまはプレゼントのビオラを受け取った際、陛下に“今日(の晩餐会で)、お弾きになられたら”とユーモアで場を和ませたそうです。

 晩餐会のメニューの肉料理は、宗教上の理由で食べられない人が少ない羊肉を選ぶことが多い。しかし、今回のメインディッシュは、トランプ氏側からの要望で牛肉のステーキが選ばれた。もちろん雅子さまも了承されていたはずです。前例にとらわれず、令和流の新しい国際親善がついに始まったと感じます」(皇室記者)

 皇室の伝統的な厳かな振る舞いの中にも、国際感覚と知性と気配りが光る──。これが新しい日本の皇室の姿なのだと、トランプ夫妻は心に刻んだに違いない。

「リーダーとして素晴らしいだけでなく、カップルとしても素晴らしいと感じました」

 トランプ氏は両陛下にそう伝え、帰国した。

d1021.hatenadiary.jp

#天皇家

「品格のあること、尊敬を受けること。そういう意味での『よいこと』が令です。そして、令に一番近い日本語は何かといえば、『うるわしい』という言葉です」

〈(「うつくしい」は)本来は「かわいい」という意味でした。「うつくし」は「いつくし(慈し)」から変化したものだといわれ、目上の者から見た、目下の者のかわいらしさをいいます。
 では、「目鼻立ちの整った端正な美しさ」を、古代ではどう表現したのかというと、「うるはし(麗し。〔うるわしい〕の古語)」といいました。「うるはし」のもとのことばは「うるふ(潤う)」だといわれますが、きちんと整った美しさに使われます。心に潤(うるお)いを与えるものは、この高貴さなのではないでしょうか〉

〈「はる」には、天気がよくなったり晴れ晴れとする「晴る」、芽が膨らんだり強く盛んになったりする「張る」、そして田畑を耕して開く「墾(は)る」などがあります。「晴る」も「墾る」も、明るくなる、見通しがよくなる、そういう意味です。ちなみに、広く平らなところを意味する「はら(原)」も、「はる」の仲間だといわれています。そして「張る」も盛んになってくるという意味をもちます〉(同書より)

 つまり「空が明るく晴れ、心は昂揚(こうよう)し、草木は芽ぐみ、身体活動は盛んになる」、そういう時期なので「はる」と名付けたと、続く。そして、「はる」は「はらう(祓う。古語は〔はらふ〕)」とも関係が深いという。

〈「はらふ」は、「はる」に「ふ」が付いたことばです。「おはらひ(お祓い)」は、悪いものを取り除いてきれいにすること。まさに、冬が取り払われてやってくるのが、「はる」です〉

d1021.hatenadiary.jp