https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com


He has no obligation to any particular group because he has become president on the basis of his own strategy,” he said.

“I think we should give him an opportunity to develop the positive objectives that he may have – and to discuss those,” he told Zakaria. “And we’ve gone through too many decades of tearing incumbent administrations apart. And it may happen again, but it shouldn’t begin that way.”

#キッシンジャー


He said in a series of interviews that he does not need to read extensively because he reaches the right decisions “with very little knowledge other than the knowledge I [already] had, plus the words ‘common sense,’ because I have a lot of common sense and I have a lot of business ability.”


Trump said he is skeptical of experts because “they can’t see the forest for the trees.” He believes that when he makes decisions, people see that he instinctively knows the right thing to do: “A lot of people said, ‘Man, he was more accurate than guys who have studied it all the time.’ ”


Trump’s approach to understanding complex issues and reaching decisions is not unique in the annals of the presidency. Historians who have studied presidential styles depict a divide between men such as President Obama or presidents Bill Clinton, George H.W. Bush, Jimmy Carter and Richard Nixon, who were given to reading extensively ahead of important decisions, and presidents Eisenhower, Ronald Reagan and George W. Bush, who preferred to have issues presented to them in short memos or orally.

#反知性主義

トランプ次期大統領「就任初日にTPP離脱表明」 | NHKニュース

アメリカのトランプ次期大統領は、就任から100日以内に取り組む政策課題について動画のメッセージを21日、みずからの政権移行チームのウェブサイトに掲載しました。


この中で、トランプ氏は「私の政策課題はアメリカ第一主義という原則に基づいている」と述べたうえで、国内の雇用拡大を重視する考えを強調しました。


そして、来年1月20日の就任初日に着手するものとして、まず、貿易政策を掲げ、「アメリカにとって大きな災難となるおそれがあるTPP協定からの離脱を表明する。代わりに、アメリカに雇用を取り戻し、産業を復活させる公平な2国間協定の交渉を進める」と述べました。


TPP協定に署名した12か国は19日、ペルーで開いた首脳会合で、協定の発効を目指して各国が国内手続きを進めることを確認し、アメリカのオバマ大統領も「TPPの重要性について今後も国内での理解を求めるべく尽力を続ける」と述べました。


しかし、トランプ氏はこうした動きにかまわず、選挙戦で訴えたTPP協定からの離脱の方針を直ちに実行に移す考えを改めて示しました。

#TPP

big dealの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160611#1465641419
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150526#1432637451
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160418#1460976480

#EU#メルケル-ラガルド体制

コーヒーを片手に初の顔合わせ−英国とEUの離脱交渉責任者 - Bloomberg

英国の欧州連合(EU)離脱交渉欧州委員会の交渉責任者を務めるミシェル・バルニエ氏と、英国のデービスEU離脱担当相が21日にブリュッセルで初めて会談した。


  非公開の会談だったことを理由に事情に詳しい関係者1人が匿名を条件に語ったところでは、デービス離脱担当相の求めに応じて会談が設定された。2年間の離脱プロセスを開始する法的手続きを英政府が発動するまで、公式協議を始められないと両者は承知の上で、建設的な話し合いが行われたという。


  バルニエ氏とデービス氏は、1990年代にフランスと英国で欧州担当の閣僚をそれぞれ務めており、既に顔なじみ。EUの行政執行機関である欧州委は電子メールで配布した発表文で、「バルニエ氏はデービス氏の要請を受けて、接触を再開するために同氏とコーヒーを共にした。英国が欧州理事会(首脳会議)に離脱の意思を通知した段階で、秩序立った離脱を実現する作業に取り組むことで2人は一致した」と説明した。


原題:U.K.’s Davis and EU Brexit Negotiator Barnier in First Talks (1)(抜粋)