https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

團遥香(DAN HARUKA):「お休みだったので海へ😇😇 綺麗なサンセットが見れた🏝 美しい...富士山🌞 #下に映りこむカップルに注目っ #ロマンチック #羨ましい。笑」

https://instagram.fitm1-1.fna.fbcdn.net/vp/f6633e46f3ee23b98b47efb8dfb54c07/5C093821/t51.2885-15/e35/38713567_464346434080924_7142327749057708032_n.jpg

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160712#1468319903

https://pbs.twimg.com/media/Dk4P5PBUcAAEEtq.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk4P5XkU0AAJ_3I.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk4P5g1UwAAUOqM.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk4P56MU0AAVR0M.jpg


 学習院女子高等科2年に進級されると、かつての「激やせ」が噓のように健康的に成長されボーイフレンドの噂が……。


那須御用邸に一緒に行った同級生です。女子のなかに、一人だけ男子がいたのです。学習院初等科からの同級生で、造船会社の創業家の家系の子。


 子供のころは、“ぽっちゃりしたのび太くん” のような感じでしたが、いまは背も伸び、すらっとしています」

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180817#1534502887

日本史の論点|新書|中央公論新社

日本史の論点―論述力を鍛えるトピック60 (駿台受験シリーズ) | 塚原 哲也, 鈴木 和裕, 高橋 哲 |本 | 通販 | Amazon


早稲田大学の初代野球部監督・飛田穂州がその人。『野球道』を説き、"一球入魂"や"千本ノック"という言葉の生みの親。飛田さんがどういう指導をしていたのか興味があり調べると、学生に罵声を浴びせたことはないらしい。千本ノックも体調によっては本数を変えていたという。


一番感動したのは"練習が終わったらさっさと帰りなさい"と学生を諭して、学生の本分である勉強や、友達と遊ぶ時間も大切で、野球だけの人間ではだめで、模範学生になるのが本当の野球選手だと説いていた」という。


「まさに桑田さんがPL学園で提案したことと似てますね」とタケが問うと?


「野球選手にとって勉強は天才や秀才でなくても良いんです。でもグラウンドでは諦めるな、努力しろ、助け合え、と教わる。その一方で、グランドを離れると野球選手の欠点は何もしないこと。


折角いいことを教わったのだから、授業にも食らいつかないといけないし、人生にも食らいついていくんです。失敗しても起き上って、目標に向かって挑戦していくのが本当の野球選手、スポーツマンなんですよ」

桑田さんは、日本の野球界の長所も短所も『野球道』という価値観が発端にあると考えるに至り、欠点だけを問題視するのではなく『野球道』の考え方を今の時代に合せて「再定義」しようと考えた。


『野球道』を最初に説いた飛田穂州は、新聞社の野球解説者に転じてからは「練習量の重視・精神の鍛練・絶対服従」を説き、早大監督時代の哲学とは異なる価値観で野球を論じた。


何故か?そこには「戦争」が忍び寄る時代背景があった。


飛田は「野球を守るため」に有用論を主張した。
戦後、野球を取り巻く環境は変わったはずなのに、復員した軍人が指導者となり長時間練習や体罰など、旧態依然とした悪しき伝統だけが残ってしまった。


「誤解された野球道」の価値観が現在の野球界にも浸透している。この是正が必要と説く桑田さん。

「指導者としてしばしば思うこと。それは、やらせるのは簡単だが、どう止めさせるかこれが難しいと思う。子どもたちに言うのは、私のチームは午前か午後のどちらかしか練習をしない。それ以外は勉強して遊びなさい、と。


そのバランスをとれないとチームにいる資格がないと教える。教え子の中には甲子園に出場する卒業生もいる。でも、それが凄いとは思わない。野球の経験が"あの時、鍛えられたから今がある"と思ってくれるだけでいい」という。


また、大学スポーツでの危険行為などについても桑田さんは言及した。


「スポーツに大事なのはフェアプレイ精神やスポーツマンシップ。本来、スポーツを通じて学ぶべきこと。そして、その競技を一筋に長くやっていれば、その精神を持って実践できる指導者が残ってないといけない。


ところがなぜか、日本は長くやればやるほど、スポーツマンシップなどがなくなっている。大学の運動部の問題だけではないと思う。野球でも指導者らしからぬ者はいる。

「分っていることが2つある。人は必ず死ぬということと、いつ死ぬか分らないということ。では、今何をすべきかと考えると、悩んだりひきこもっている場合ではない。


明日死んでも悔いがない人生を送りたい。そのために思ったことはどんどん行動する。恥かいても失敗しても良い。自分のやりたいことを挑戦していくのが生きている証。


失敗を恐れない。笑われても良い。失敗しても良い。自分の人生ですから。挑戦すべきです!」

飛田穂洲 - Wikipedia

西洋伝来のスポーツであるベースボールを、穂洲は日本発祥の武道に通じる「野球道」と捉え、試合よりも練習に取り組む姿勢を重要視し、学生野球は教育の一環であると説いた。また、試合でいかなる状況においても実力を発揮しうるために、練習では常に最善をつくすべしという「練習常善」の言葉を作り、過酷な猛練習の末に真の実力が備わると説いた。こうした考えの背景には早慶の台頭前に全盛期を誇っていた一高の存在(晴雨寒暑にかかわらず、あたかも修行のごとき厳しい練習をしていた)と、「知識は学問から、人格はスポーツから」と説いていた早大野球部長安部磯雄の影響が大きい。穂洲の評論は日本の野球指導者・ジャーナリストたちの間で長い間教本として扱われた。そのため、穂洲は日本の精神野球の源ともいえる。


穂洲は早大監督を辞任した後も新聞記者として自らの主張を訴え、また母校の後輩たちにことある毎に訓示を行ってきた。特に早慶戦前は選手たちを前にその歴史と心構えを長時間滔々と述べ、決戦の重みを訴え続けた。


彼の教えは、野球技術(プレーだけでなく選手の体格・力量、トレーニング理論なども)が進化した現代においては古い時代の精神論として軽視、ときには敵視される事が多い。しかし練習でできないことは試合ではできない、といった考えや目の前の一球の大切さを説く穂洲の主張は決して色あせてはおらず、プロからアマに至るあらゆる野球チームの中に息づいている。早大野球部においては石井連藏を経て孫弟子野村徹へと引き継がれている。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180818#1534589047
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180308#1520505607

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180818#1534589048

https://pbs.twimg.com/media/Dk800kgXcAAWYoP.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk800kfW0AAVpkk.jpg

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180818#1534589045
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180730#1532947577


コフィ・アナン氏は、1938年に西アフリカのガーナで生まれ、アメリカやスイスで経済学などを学んだあと、1962年に国連に入りました。


国連難民高等弁務官事務所などの勤務を経て、PKO=平和維持活動を担当する事務次長を務めたあと、1997年に黒人として初めて国連の事務総長に就任し、2期10年務めました。在任中は、エイズウイルスの感染拡大防止やテロ対策などに取り組み、2001年には国連とともにノーベル平和賞を受賞しました。


また、2003年に国連安保理の同意を得ずにイラク戦争に踏み切ったアメリカを国連憲章に違反するとして批判しました。


事務総長を退任したあとは、国連などの特使としてシリアのアサド政権と反政府勢力の調停にあたったほか、ミャンマー政府が設置した諮問委員会の委員長を務め、少数派のイスラム教徒・ロヒンギャの問題解決に取り組みました。


国連などによりますと、アナン氏は最近体調を崩したということで、18日、スイスの首都ベルンで亡くなったということです。80歳でした。


コフィ・アナン氏はイギリスの植民地支配にあった現在のガーナに生まれ、国連機関の要職を歴任したあと、1997年に、たたき上げとしては初めての事務総長に就任しました。


2期10年の在任中は、エイズウイルスの感染拡大防止やテロ対策などに取り組み、2001年には国連とともにノーベル平和賞を受賞しました。アナン氏は最近、体調を崩したということで18日、80歳で、亡くなりました。


アナン氏の死去を受けて、ニューヨークの国連本部には国連の半旗が掲げられたほか、歴代の8人の事務総長の肖像画のうち、アナン氏の肖像画には、追悼と書かれたリボンとともにバラの花束が飾られました。


パン・ギムン(潘基文)前事務総長は「国連の原則と考えを守る彼の展望と勇気は世界から記憶され、尊敬され続けるだろう」とする声明を発表しました。

アメリカのオバマ前大統領は「国連の使命を体現した外交官であり人道主義者だった。彼の誠実さと忍耐力、前向きさ、そして人間性は世界の隅々まで伝わった」とフェイスブックに投稿しました。


また、イラク戦争の開戦をめぐってアナン氏と対立したアメリカのブッシュ元大統領は、ツイッターで、「コフィは紳士で、国連のたゆみない指導者だった。彼の経験にあふれた言葉を世界は失うことになる」とその死を悼みました。


さらにアメリカのヘイリー国連大使は、「アナン氏は、国連の使命への情熱と献身を通じて、世界をより安全にするために生涯をささげた。個人の尊厳を守るための闘いを決して止めず、世界の連帯に向けてたゆまず取りくんだ」などと声明を発表し、アナン氏の功績をたたえました。

コフィ・アナン氏は1997年1月、国連職員からの「たたき上げ」として初めて第7代の国連事務総長に就任しました。1998年にはイラクの核開発疑惑が浮上し、アメリカとイギリスが武力行使の構えを見せる中、イラクに飛んでフセイン大統領に核査察を認めさせるなど外交手腕を発揮しました。


しかし2003年には、アメリカのブッシュ政権が国連安全保障理事会の決議がないままイラク戦争に踏み切り、「国際法を逸脱している」とアメリカを厳しく批判したものの国連の力の限界を露呈した結果ともなりました。


アメリカは、2005年には、国連改革の遅れを理由に予算の承認に反対していて、国連にとって、最大の国連分担金を拠出するアメリカとの関係は現在も、最大の課題になっています。


アナン氏が力を入れたのが、PKO=平和維持活動の改革です。PKOの責任者だった1994年、部族間の争いから80万人以上が犠牲になったルワンダ虐殺では、現地のPKO部隊から切迫した情勢に関する情報を得ていたにもかかわらず、適切に対応しなかったとされ、後にアナン氏自身が責任を認めています。


こうした反省に立って、アナン氏は、事務総長就任後の2000年、PKOの改革に乗り出し、停戦の監視に加えて、市民の保護を強化する現在のPKO活動の基礎を作りました。2005年には紛争終結後の復興を支援する多国間の枠組み、「平和構築委員会」を設置し、これは、紛争の予防に力点を置くグテーレス事務総長に引き継がれています。


また、1998年に提唱した「グローバル・コンパクト」は政府だけでなく、企業や市民にも世界の平和と発展に貢献してもらおうと、人権の擁護、労働条件の改善など10項目について参加や協力を呼びかけた取り組みです。この取り組みは、国連が定める2030年までの持続可能な開発目標=「SDGs」の原型になったと評価されています。


人権問題やエイズ対策などに取り組んだアナン氏は、2001年、国連の事務総長としては2人目となるノーベル平和賞を受賞し、受賞の演説で「民主主義を阻むのはあらゆる手段を使って自分の地位を守ろうとする権力者の欲望だ」と述べています。


事務総長を退任したあとも、国連などの特使としてシリアのアサド政権と反政府勢力の調停にあたったほか、ミャンマー政府が設置した諮問委員会の委員長を務め、少数派のイスラム教徒・ロヒンギャの問題解決に取り組みました。


去年10月に国連の安全保障理事会で開かれたロヒンギャ問題の会合の後には久しぶりに報道陣の前に姿を見せ、国際平和に関与し続ける姿勢を印象づけていました。


ドイツとロシアは、バルト海の海底に全長1200キロ余りの天然ガスのパイプライン、ノルドストリーム2の建設を進め、来年末の稼働開始を目指しています。


首脳会談を前に18日、ベルリン郊外で、メルケル首相とともに取材に応じたプーチン大統領は「実現すれば、ヨーロッパのガス輸送システムはさらに充実し、リスクが軽減されるだろう」と意義を強調しました。


ノルドストリーム2の建設をめぐっては既存のパイプラインの通過国で、その見返りに通過料を受け取ってきたウクライナが反発しているほか、ポーランドやバルト3国、それにアメリカも、ヨーロッパのロシアへのエネルギー依存が強まることになると、反対しています。


メルケル首相は「新しいパイプラインができてもウクライナはパイプラインの通過国としての役割を引き続き担う」と配慮を示したものの、ロシアと歩調をそろえるドイツと、アメリカや東ヨーロッパとの溝が深まっています。

https://pbs.twimg.com/media/Dk6LX6HXoAMH4Ri.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk6LZheXoAADKGt.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk6LbGoXoAArLjl.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk6LcpAWsAkS0QZ.jpg

能郷白山 - Wikipedia

加賀白山を開いた泰澄上人が、加賀白山の山頂から見渡した時にこの山が目に留まり白山権現分祀を思いつき、開山し祠を祀ったと伝えられている。山頂に能郷白山神社奥宮の祠があり、白山信仰の山である。能郷谷の麓(能郷)には、能楽堂のある白山神社白山権現里宮)がある。毎年4月13日の例祭で能郷の能・狂言が奉納されている。

両白山地北部の加越山地の加賀白山に対して、南部の越美山地で能郷谷の麓に能郷集落があるため能郷白山と呼ばれている。この越美山地本巣市揖斐川町の最高峰である。両白山地の屏風山へつながる鞍部には国道157号の温見峠があり、太平洋と日本海分水嶺となっている。山頂からは、伊吹山、白山、恵那山、北アルプスの山々など360°の展望が広がる。


警察によりますと、行方がわからなくなっているのは横浜市神奈川区の大学生、河野魁さん(21)です。


河野さんは18日午後4時ごろ、羅臼町の化石浜付近で高波にさらわれて行方がわからなくなったということです。


一緒にいた友人は岩場につかまって無事だったということで、通報を受けた警察や海上保安部が19日朝からヘリコプターなどで付近を捜索していますが、これまでのところ河野さんは見つかっていません。


河野さんは友人と2人で18日から2泊の計画で徒歩で知床半島の先端を目指していたということです。


現場は知床半島の先端からおよそ10キロの地点で、釧路地方気象台によりますと、羅臼町には18日午後4時ごろまで波浪注意報が出されていたということです。


19日午前9時半ごろ、群馬県みなかみ町の標高1945メートルの朝日岳の山頂からおよそ1キロの新潟と群馬の県境の登山道で、一緒に登山をしていた男性から「仲間が滑落した」と警察に通報がありました。


新潟県警察本部のヘリコプターが捜索したところ、午前11時すぎに、尾根づたいの登山道からおよそ100メートル下の斜面で男性が倒れているのを見つけました。


男性はヘリコプターで救助されたあと新潟県南魚沼市の病院に運ばれましたが、警察によりますと、頭などを強く打っていて死亡しました。


男性は都内に住む40代とみられ4人のグループで、19日朝から日帰りで、朝日岳など新潟と群馬の県境付近の山を尾根づたいに縦走していたということで、ほかの男性3人にけがはないということです。


警察は男性の身元の確認を急ぐとともに滑落した当時の状況を詳しく調べることにしています。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180814#1534244169


19日午後0時45分ごろ、千葉県鴨川市江見吉浦で、海辺にいた男性から「仲間が海に入ったまま上がってこない」と消防に通報がありました。


警察と消防などが現場の海岸一帯を捜索したところ、午後4時すぎに男性が岩場近くの海面で心肺停止の状態で浮いているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。


警察によりますと、亡くなったのは千葉県市原市に住む55歳の男性で、19日午前、友人たち8人のグループで現場に隣接したキャンプ場を訪れ、午前11時ごろから海岸の岩場で海に潜るなどしていたということです。


19日は現場一帯にはうねりを伴う波が打ち寄せていたということで、警察は男性が何らかの原因で溺れたとみて詳しい状況を調べています。


19日午後1時すぎ、美濃市曽代の長良川で「男性が川に流されて、溺れて沈んでいる」と近くにいた人から消防に通報がありました。


消防が駆けつけ、溺れた場所からおよそ40メートル下流で、愛知県小牧市の無職、若松雄輔さん(31)を救助し、病院に搬送しましたが、およそ3時間後に死亡が確認されました。


警察によりますと、若松さんは友人の男女4人とバーベキューをするために長良川を訪れていて、友人と川で泳いでいる途中に流されたということです。


現場は美濃市役所から北に1キロほど離れた美濃橋近くの河原で、夏場にはバーベキューや川遊びをする人でにぎわう場所だということです。

https://pbs.twimg.com/media/Dk8hfuBVsAAQfzn.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk8hfuFUUAAVYvj.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk8hft4U0AAugd9.jpg

https://pbs.twimg.com/media/Dk88rzvUYAAuXI0.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dk88rz0UYAIIYz-.jpg


 正義感と実直さが内面からあふれるからだろう。平将門石田三成ら歴史の流れに立ち向かう人物を演じると抜群だった。


 9年前、岐阜県関ケ原町でのイベントで三成を語った。人前で話すことは苦手だったが、ドラマで演じた三成には「敗者ゆえに悪人とされた。再評価したい」という強い思いがあった。分厚い自筆のメモが用意されていた。役柄通りの真面目さと心配り。縁あって司会をした私は随分助けられた。「弔い合戦のつもりで演じた。こんなとき役者の血は騒ぐ」。そんな言葉が印象的だった。

2018/8/20-8/26 の検索結果 - 筋トレ週報