https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

なぜ、手書きのメモはノートPCに勝るのか | HBR.ORG翻訳マネジメント記事|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

会議中、ノートPCやタブレットでメモを打ち込むのが当たり前となった。しかし、これは記憶への定着内容理解の両方において、手書きに劣ることが実験で示された。

会議にペンとノートを持ってくる人をごく稀にしか目にしない。かつて毎週の会議ではリングノートとペンが主流だったそうだが、時とともにノートPCや薄いタブレットに取って代わられたという。

 この問いについて探ったところ、プリンストン大学のパム・A・ミューラーとUCLAのダニエル・M・オッペンハイマーによる研究では、答えはノーであるようだ。研究結果によれば、ノートPCだけでメモを取ると、新しい知識を吸収しづらくなるという。何も考えないまま、ただ逐語的に入力する傾向が強くなることが主な原因だ(英語論文)。


「ノートPCでメモを取る行為は、全般的な概念理解および新情報の記憶に悪影響を与えるか」

 学生たちの得点は、手書きのグループとデジタルのグループで大幅に異なっていた。ノートPCを使った学生たちは、講演のあいだ「書き起こしに近い」長文のメモを取る傾向が見受けられた。しかし概念理解に関する質問では、手書きのグループのほうが有意に高い得点を取ったのである(事実関係のテストでは有意の差はなし)。ミューラーとオッペンハイマーは、ノートPCによる「逐語的な書き取り」が記憶の低下を招いたのではないかと考えた。


 だがPCでメモを取ることの弊害は、すべての言葉を捕らえようとしてしまうことに留まらないのではないか。そう2人は推測した。そこで第2の実験では、PCでメモを取る新たなグループに対し、講演を一字一句記録するのは避けるようにと指示した。「自分自身の言葉でメモを取ってください。話し手の言葉をそのまま入力するのではなく」と告げたのである。


 参加者たちは今回も講演の映像を見て、それぞれメモを取り、その後テストを受けた。


 逐語的なメモは避けるように、という指示は「まったく効果がなかった」。ノートPCを使った学生は、自分の言葉ではなく、やはり「書き起こしに近い」方法でメモを取ったのである。前回同様、逐語的なメモと低い成績の全般的な相関関係は変わらなかったという。


 研究者らは第3の実験で、別の可変要素に着目した。PCを使った学生は、手書きの学生よりもメモの語数が格段に多い。そこで2人は考えた。「より多くの内容を外部記憶装置に収めているのだから、自分のメモを復習する機会を与えれば、テストの成績が上がるのではないか」。PCを用いれば、直後には内容を思い出しにくくても、時間が経過すれば詳しいメモが役立つことになるかもしれない。


 この実験では、参加者にノートPCか筆記用具のいずれかを与えて、講演のメモを取らせたあとで、「来週、講演についてのテストを受けに来てもらいます」と告げた。翌週、テスト前に10分の時間を与え、参加者らに自分のメモを復習させた。


 PCを使用した学生は、やはりメモの分量が多かった。だがテストの結果は、概念理解と事実関係の両方で、手書きの学生のほうがよい成績を上げたのである。


 この最後のテストで明らかになったのは、PCを使うと逐語的にメモを取る傾向が強まる結果、学習が妨げられてしまうという可能性だ。「メモの分量が多いことには、ある程度のメリットがある。しかし、何も考えないまま単に言葉を書き連ねるやり方をすると(これは手書きではなくPCを使ったときに起こりがちだ)、そのメリットも消えてしまう」とミューラーとオッペンハイマーは述べている。

 メモを取る方法に加えて、書く「内容」にも十分に注意を払おう。スライドを書き写すことばかりに気を取られて、話し手の言葉に耳を傾けることがおろそかになってはいないだろうか。メモは自分の言葉で書こう。そうすれば、ただコピーするのではなく内容を咀嚼し、要約しやすくなるはずだ。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20151013#1444732690
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20150315#1426416474


#勉強法