https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170609#1497004465

#学歴ロンダリング#東大大学院

#職業訓練大学校

#結果無価値

活字を読んでくっちゃべり、雑文を書き散らかすのが「優等生的」。
自分の目に見えるものしか見ようとしない。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170531#1496227220
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20090731#1249045098

#深見東州

石川健治 - Wikipedia

「現代憲法学の鬼才」(西原博史)とも評される。学部時代、政治学者の篠原一のゼミに所属していた頃に憲法学者を目指すように薦められ、卒業後直ちに助手に就任し樋口陽一に師事する。

https://www.iwanami.co.jp/files/tachiyomi/pdfs/0259920.pdf

この本は、二〇一四年という時代の憲法状況のもとに、世に送り出される。それにしては、時事的な話題とかけ離れた、高踏的な書物のようにみえるかもしれない。しかし、少々難解であるかもしれないが、じっくりと読んでいただければ、それぞれの論文がきわめてアクチュアルな問題に取り組もうとしていることを、理解していただけよう。一見目新しい現象も、多くの場合、古くからの主題の変奏にすぎない。本書を構成する各論文は、そうした本質的な主題の多くに触れているはずである。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20151116#1447670109

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170604#1496573510
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20071228#1199753710

プラトン『国家』第三巻メモ(2) | Narimasu_0717 Blog

「しかしながら,裁判官の場合は,君,魂によって魂を支配するのが仕事なのであって,だから彼の魂には,若いときから邪悪な魂のあいだで育てられてこれと親しくつき合い,みずからあらゆる不正を犯す経験をつみ,その結果他人の不正事を,ちょうど身体の場合に病気を診断するような具合に,自分自身のことにもとづいて鋭く推察できるようになる,というようなことは許されないのだ。逆に,裁判官の魂は,やがて美しくすぐれた魂となって,正義を健全に判定すべきであるならば,若いときは悪い品性には無経験で,それに染まないようにしていなければならない。だからこそまた,立派な人物たちは,若いときにはお人好しで,不正な人々にすぐだまされやすい人間のように見えるのだ。なにぶんにも自分自身の内に,邪悪な人々と同性質の範型をもっていないのだから」
「じっさいまた」と彼は言った,「彼らはとくに,よくそういう目にあうものです」(408E)

「さだめし,この上なく気だかい品性の持ち主であることでしょうね」と彼は言った,「そのような裁判官なら」
「そしてすぐれた裁判官でもあるのだよ」とぼくは言った,「君の質問の眼目であったところのね。なぜなら,すぐれた魂をもつ人は,すぐれた人間なのだから。これに対して,あの腕の立つ猜疑心のつよい人,自分自身が多くの不正をはたらいてきて,何でもやってのける賢い人間のつもりでいる人は,たしかに自分と似た者たちを相手にするときは,自分の内にある範型に照らして抜け目なく警戒するので,有能に見えるだろう。ところが,ひとたび善良で自分より年長の人たちと接触するときが来ると,見当違いの疑いをかけ,健全な品性というものがわからないので,こんどは逆に愚か者に見えることになる。なにぶんにも自分では,そういう品性の範型を持ち合わせていないのでね。ただ,すぐれた善い人間よりも劣悪な人間に出会う機会のほうが多いため,自分にも他人にも,どちらかといえば無知であるよりも賢い男だと思われているだけなのだ」
「それは完全におっしゃるとおりです」と彼は答えた。(409C)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170609#1497004465
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170609#1497004466
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170609#1497004467
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170609#1497004468
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170608#1496917941
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20161105#1478342572
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160723#1469270322(晩年の神秘体験の後、「私の見たものに比べれば、自分が書いたものはわらくずに過ぎない」と言ってトマスは神学大全の執筆を取りやめた。)
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20140428#1398681212(彼らは自ら語っていることをよく理解しておらず、そのことを彼らに説明するはめになってしまった。)

高を括る(たかをくくる) - 語源由来辞典

#勉強法

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20071223#1198403419(だがよほど注意して内面的必然から辿っていくのでなければ、折角の学問も雑学になる。)

48 人生の本分|惟神の道|惟神の道 - 霊界物語ネット

「天主一物を創造す、ことごとく力徳による、故に善悪相混じ美醜互に相交はる」

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20170504#1493895460
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160822#1471862867
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160813#1471085085