https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

発表によりますと、トヨタJR東日本は、水素エネルギーの分野で車と鉄道が連携し、燃料電池車の普及や水素で走る鉄道車両の開発などを進めます。

計画では、JR東日本が品川で進める再開発プロジェクトで、燃料電池車が使う水素ステーションを整備します。

また、鉄道の駅とつながる路線バスに燃料電池車を導入するほか、燃料電池で走る鉄道車両の開発を行うということです。

水素エネルギーを使った燃料電池車は、再来年の東京オリンピックパラリンピックを一つの目標に普及を目指していますが、特にインフラの整備の遅れが課題です。

このため両社は、車と鉄道という交通手段の柱どうしが手を組むことで水素エネルギーの普及を加速させる狙いがあります。