https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

ドイツ、14・15年成長率予想を大きく下方修正 | Reuters

ドイツ経済省は14日、2014年、15年の成長率見通しを従来予想の1.8%、2.0%から1.2%、1.3%にそれぞれ大きく引き下げた。地政学リスクをめぐる不透明感や世界経済の減速の影響が足かせとなっていると説明した。

ドイツ 経済成長率の予測を下方修正 NHKニュース

ドイツ政府は14日、国内経済の見通しについて発表し、ことし1年間のGDP=国内総生産の伸び率の予測を、これまでのプラス1.8%からプラス1.2%へと下方修正したと発表しました。
また、来年、2015年のGDPの伸び率の予測も、プラス2.0%からプラス1.3%へと下方修正しました。
その要因について、欧米の経済制裁によるロシア経済の落ち込みなどウクライナ情勢の影響や、中東情勢の混乱、さらに、新興国経済の減速による輸出の落ち込みがあると説明しています。
ドイツ政府は、国内経済は堅調に推移しているとしてプラス成長は維持できるという見通しを強調していますが、ドイツ企業の景況感は悪化が続いていて、ヨーロッパ経済をけん引するドイツの景気に不透明感が増しています。
ドイツは、長期的な経済成長の維持には健全な財政が欠かせないとして財政出動による景気対策には否定的な姿勢を貫いていますが、経済の減速を示す指標が相次いで示されたことで、国内外から財政出動を求める圧力がさらに強まるものとみられます。