https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

理論物理学アルバート・アインシュタイン一般相対性理論について記した手書きの草稿が23日、パリで競売に掛けられ、1170万ユーロ(約15億1300万円)の落札された。

競売を行ったクリスティーズによると、予想落札額の200万─300万ユーロを大きく上回った。

54ページの文書はアインシュタインが半分程度を執筆。親友で研究パートナーだったスイス人物理学者のミケーレ・ベッソと1913─14年に共同で作成され、ベッソが保管していた。一般相対性理論は1915年に発表された。

クリスティーズの担当者はアインシュタインはほとんどメモを残さない人で、この草稿が残り、私たちの手元にあるという事実だけでも本当に素晴らしい」と指摘。文書には間違いもあり、理論構築への固執や思考が見て取れる点でも価値があるとした。

落札者は明らかにされていない。

フランスのパリで23日に行われたオークションに出品されたのは、1913年から14年にかけて物理学者のアインシュタインがスイスの大学で教授を務めていたころに、相対性理論を構想した計算式などを同僚とともに書いたメモです。

54ページあるメモのおよそ半分にアインシュタインによる記述があり、計算式などが黒のインクで整然と書かれていて、ところどころにミスや修正したとみられるあとも確認できるということです。

相対性理論は、時間と空間をひとつながりのものととらえ、宇宙で起きているさまざまな現象の解明に寄与してきました。

落札者は明らかにされていませんが、オークションの結果、予想額を大きく上回るおよそ1100万ユーロ、日本円にしておよそ15億円で落札されました。

オークションの主催者は「アインシュタインはメモを残すことがほとんどなかった人物だ。このメモが今日まで残り、私たちの手元にあることが極めて特別なことだ」とコメントしています。

政府が先週決定した新たな経済対策では、国内の大学の研究レベルを高めるため、10兆円規模の大学ファンドの運用を今年度中をめどに始めるとしています。

これについて、小林科学技術担当大臣は24日の閣議のあとの記者会見で「世界と肩を並べるような大学をしっかりと作っていけるようにしたい。特に博士課程の学生や若手の研究者をしっかりと支えていきたい」と述べました。

その一方で、小林大臣は「ファンドによる支援の対象にならなくても、特定分野で世界と勝負できる大学はたくさんある。一部の大学だけがどんどんレベルアップして、他はどうでもいいというようなメッセージでは全くない。各大学のポテンシャルを可能なかぎり底上げしていくため政府として支援していきたい」と述べ、ファンドの対象にならない大学についても、全体の底上げにつなげるための総合的な支援の在り方について検討を進める考えを示しました。

d1021.hatenadiary.jp

#勉強法