https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

米上院で来週審理が開始されるトランプ前大統領の弾劾裁判で検察官役を務める民主党の下院議員は4日、トランプ氏に対し、連邦議会騒乱前の自身の行動を巡り宣誓証言するよう要請した。トランプ氏の弁護団は同日、この要請を拒否した。

民主党議員らは弾劾裁判で、1月6日の連邦議会騒乱直前にトランプ氏が支持者を「弾薬を込めた大砲」のように議事堂に向かわせたと主張する見通し。トランプ前大統領の弁護団は今週、私人であるトランプ氏を弾劾裁判の対象とするのは違憲と主張している。

検察官役を務める民主党ラスキン議員はトランプ氏と同氏の弁護団に宛てた書簡で「事実に基づく申し立てへの異議を踏まえ、弾劾裁判前もしくは裁判中に、1月6日の行動について宣誓証言するよう要請する」と述べた。日程は8─11日を指定した。

トランプ氏の弁護団は公開書簡で、この要請を「人目を引くための宣伝行為」と一蹴。トランプ氏の顧問ジェイソン・ミラー氏はロイターに対し、「トランプ氏が違憲な裁判で証言することはない」と述べた。

共和党のグラム上院議員はこれより先、民主党の要請は「政治的な策略」とした上で、トランプ氏の宣誓証言は「誰の利益にもならない」と述べていた。

米民主・共和両党のトップが協議した2年間の権限共有案は3日、上院で承認された。民主党議員が各委員会の委員長を務め、基本原則を定めることになる。

  権限共有案の承認は全会一致だった。今回の権限共有の内容は、前回に上院で両党の勢力が50対50となった2001年に合意した取り決めに基づいている。各委員会では共和党民主党の議員が同数を占めるほか、委員会の予算も両党に等分に配分される。ただ委員会の進行役は民主党側が務め、本会議ではシューマー院内総務(民主党)が議題を提起する。

原題:Senate Approves Power-Sharing Plan to Govern 50-50 Senate(抜粋)

prepper.blog.fc2.com

日本の人々に、日本人を殺そうとしている「本物の危機」が目の前に展開していることを本当に理解させることができる人は偉大な人だろう。
それには、想像を絶する忍耐と強烈な情熱を必要とするだけでなく、「割り切り」と「諦念」の大切さを知っておく必要がある。

・・・1月10日には、バチカン市国でも前代未聞の7時間に及ぶ停電が起こりました。

このとき、オルタナメディアはこぞって「ローマ教皇フランシスコが、児童の人身売買と80に及ぶ詐欺容疑で逮捕された」と報じました。

多くの証拠映像から、バチカンに警察が入ったことは事実のようですから、前例のないことが起こっていることは否定できません。

すかさずDS寄りのメディアは、「バチカンの停電を米大統領選の不正と結び付けようとするノーテンキな輩が、ローマ教皇が逮捕されたというデマを流している」と報じています。

しかし、電源が復旧した直後に、バチカンから、これだけ多くの警察車両とベンツの黒塗りのワンボックスカーが出てくるなど、今までになかったことです。

優れた洞察力を持つ陰謀論者(私は肯定的な意味で)たちは、こうした状況証拠の一片一片をジグソーパズルのピースのように嵌め込みながら全体像を描こうとしています。

バチカンこそが、悪魔から出てきた共産主義の総本山であることが分かるでしょう。

イエズス会イルミナティー/フリーメーソンを統括している一人、ローマ教皇フランシスコ(れっきとした悪魔崇拝者)は、とうとうそれを隠さなくなったのです。

バッキンガムのこの男は、「自分の認識領域の外側で、何か尋常でないことが起こっている」ことに気が付いたようで、英国王室がDS側でないことを控えめにアピールしたいようです。

d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp

昨年11月30日の放送。実際にこうなっている。ずいぶん前から計画して彼らを上手に罠に追い込んでいったということだ。彼らはテレビで罠が示されていても何のことかわからなくてノコノコ自分から入っていったんだろう。いつものように陰謀論とか言って(大笑)。

https://worldviewweekend.com/tv/video/exclusive-3-star-general-mcinerney-calls-martial-law-tribunals-investigation-treason

d1021.hatenadiary.jp

敵の本丸。
人類の敵。
修道院に秘密が隠されている。

kaleido11.blog.fc2.com

尖閣を手始めに、与那国島石垣島宮古島、そして沖縄本島に迫ってくるだろう。
後は時間の問題だ。

台湾は、すでに臨戦態勢に入っている。

米国の大統領は、まだ決まっていない。
ホワイトハウスは「空」の状態だ。

憲法が理解できない人は、悪魔崇拝ジョー・バイデンが第46代大統領だと信じ込んでいる。
バイデンのクローンは、中共を手引きして本格的に米国を破壊しようとしている。

そして、次は日本だ。
言われていたように、バイデンは、習近平との間に交わした「尖閣を売り渡す契約」を履行しようとしている。

トランプが、中国共産党民主党マルキストたちの陰謀によって政界からはじき出された今、ペンタゴンの日米軍事同盟が、ちゃんっと機能しているか疑わしい。

バイデンだけでなく、副大統領のカマラ・ハリスも、どうやら幼児虐待によって悪魔を招来する儀式に加わっていたようだ。

日本のマスコミ人、財界人、政府関係者の中にも、ペドフィリアはいる。
それが誰だか、子供数十人を殺してきたバイデン親子を盲目的に持ち上げている連中を見れば一目瞭然だ。

そうした連中は、100%開催できないオリンピックと再度の緊急事態宣言で危険なワクチンを国民に半強制的に接種させて在庫を消化しようとしている。

日本人に対する人口削減は始まっている。

あなたを殺そうとしている本当の敵は誰なのか・・・
悪魔に完全に憑依された自民党の議員たちと公明党のカルトたち、そして霞が関の官僚たちだ。

この国の国民には、なにを、どのように警告しても無駄だと分かった。
もはや、「人」と呼べる存在ではなくなっているからだ。

#米大統領

アメリカで過剰摂取による中毒が大きな社会問題となっている鎮痛剤「オピオイド」をめぐる訴訟で、医薬品会社に販売の助言を行っていたとして責任を問われていたアメリカのコンサルティング会社が、原告の49の州などに対して日本円でおよそ630億円を支払うことで和解しました。

和解金を支払うことになったのはアメリカのコンサルティング会社、「マッキンゼー・アンド・カンパニー」です。

会社が4日に発表した声明などによりますと、ニューヨーク州を含む49の州と首都ワシントンなどに対して、合わせて6億ドル近く、日本円でおよそ630億円を支払うということです。

アメリカの各州などは、「オピオイド」の過剰摂取問題を深刻にしたのはマッキンゼー・アンド・カンパニーが医薬品会社に販売を促す助言をしていたためだとして、賠償金の支払いなどを求めていました。

会社は、声明で「疑惑については否定する」とし、そのうえで「悲劇的な結果を十分に認識していなかったことは残念であり、今回の合意がオピオイドの危機の解決策の一部になることを望んでいる」としています。

アメリカでは、オピオイドの過剰摂取による死者が年間4万人を超えるなど大きな社会問題となっていて、医薬品会社などの責任を問う集団訴訟も起きています。

d1021.hatenadiary.jp