https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

https://pbs.twimg.com/media/DiYIMR2VMAAisN1.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DiWKS6kVQAAs85A.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DiUARlRVMAAFA9_.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DiUARlOV4AANTuv.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DiUARlPUwAAi2pY.jpg

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180717#1531824444
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180712#1531392246
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180701#1530441857

吉備真備 - Wikipedia

備中国下道郡(現在の岡山県倉敷市真備町)出身。

地方豪族出身者としては破格の出世であり、学者から立身して大臣にまでなったのも、近世以前では、吉備真備菅原道真のみである。

公務の傍ら、孔子をはじめとする儒教の聖人を祭る朝廷儀礼である釈奠の整備にも当たった。

真備町 - Wikipedia

倉敷市総社市ベッドタウンとして急速に人口が増加し、地区東部はスーパーマーケットなどの郊外店の出店が相次ぎ激戦区となっている。

高梁川の西岸に地区があるが、町の北東部は高梁川西岸の総社市下原に隣接する。地区の南北端は丘陵となっており、その丘陵間は比較的広い平野部となっている。その中央部を高梁川支流の小田川が東流し、地区南東端で高梁川と合流する。丘陵には竹林が多くタケノコが特産品である。

古代は豪族・下道氏(しもつみちし)の支配する地域であり、奈良時代遣唐使となりのち右大臣まで昇進した吉備真備は、この下道氏の出である。これが町名の由来となっている。

日枝久 - 川辺宿の脇本陣の末裔

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180712#1531392246山田方谷はこうした姿勢でしたから、初心者の弟子たちが「先生、ぜひ陽明学の講義をしてください」と言っても「今は君たちにそういう話をする時期じゃない」とね。「最初は字句の解釈を一生懸命考えろ」と。「そのうちにいろいろ疑問に突き当たるだろう。それで最終的な問題が出てきたら、そこから陽明学なんだ」と、そういうことを言って応じなかったんですよ。)

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180717#1531824445


 決まった期間ごとに一定の金銭支払いを受けられる債権は、20年間行使しなければ消滅するとした民法の時効規定が、NHK受信料に適用されるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(林景一裁判長)は17日、適用されないとの初判断を示した。


 訴訟で大阪市の男性は、NHKと受信契約を結んだ後、請求されなかったことから、20年以上、受信料を支払っておらず、NHKの債権は消滅したと主張した。


 第3小法廷は「20年の時効を適用すれば、契約者が将来生じる支払い義務まで免れ得ることになり、放送法の趣旨に反する」と指摘した。


 まず、内乱罪(刑法77条)の保護法益は「憲法が定める統治機構の基本秩序」であるが、森友・加計問題などが明らかにした「権力の私物化」は憲法が定めた民主政治の破壊以外の何ものでもない。


 また、内乱罪が成立するためには「暴動」が不可欠であるが、それは集団による組織的な暴行・脅迫を意味するが、その暴行には単に乱暴な行為だけでなく「不正な行為」も含まれるといわれている。さらに、脅迫とは、「ある行為を行わせようとしておどす」ことである。そうすると、官僚に対する人事権を有する者が昇進と左遷を意識させながら「自分の友人の優遇」やそれを隠蔽するための「公文書改ざん」などを求める組織的圧力も「暴動」と呼べなくもない。


 加えて、内乱予備罪(刑法78条)とは内乱の準備をすることである。それは物資の調達や参加者の勧誘などをいうが、それには「言葉による誘導」も含まれる。となると、「みっともない憲法だ」「改憲ヒトラーに学べ」「私と妻は無関係だ」などと明らかに不適切な発言で属僚たちの忖度を招いたといわれている高官たちの関与も問われてくる。


 このような解釈が、罪刑法定主義(人権尊重)の観点から刑法を厳格に解釈・適用する検察官の同意を得られるとは思わないが、それは事柄の本質を突いているのではないか。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180623#1529750492

#演劇ルート


 作家の石原慎太郎氏(85)は、1958年に若手作家らで作った「若い日本の会」で浅利氏と意気投合。「彼は演劇の先覚者、革新者の一人。1960年ごろは若手の芸術家が台頭してきた時期で、新しいオリジナルのものを若手に書かせて演劇で表現していた。僕も『狼(おおかみ)は生きろ豚は死ね』という作品の演出をしてもらった」と話し、浅利氏死去を惜しんだ。


 63年に完成した東京・有楽町の日生劇場では、ともに建設や運営に尽力。「(浅利氏が)米国のミュージカルを日本に持ってくる端緒を開いた。僕は『キャッツ』や『オペラ座の怪人』みたいな猿まねのミュージカルはやるなよって言ったんだけどね。新劇の世界を2人で変えたという思いはありますよ」と振り返った。


 75年に石原氏が東京都知事選に初めて立候補した際に、浅利氏は選挙参謀も務めたという。「参謀ってほどのもんじゃないよ。でも彼は政治が大好きだったなあ」

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180714#1531565358新国立劇場


EUはことし5月、域内に住む人たちの名前やメールアドレスなどを個人情報を保護するため、日本を含む域外に持ち出すことを原則として禁じる規則を施行しました。


これに対し、日本の個人情報保護委員会はEUと交渉した結果、個人情報の管理が一定の水準にあるとして、域外への個人情報の移転を認めることで17日、合意したことを明らかにしました。


今の規則によって、日本の企業はEUから個人情報を持ち出す時は、本人の同意をとる必要が生じたため、EUに工場があるメーカーやヨーロッパからの訪日客などを扱う観光業の関係者が対応に追われる事態となりました。


今回の合意により、ことし秋以降、日本は同意がなくてもEUから個人情報を持ち出すことが可能となる見通しです。


日本とEUは「この決定で高いレベルの個人データの保護に基づき、データが安全に流通する世界最大の地域が創出される。日本とEUのEPA=経済連携協定から得られる利益を補完し拡大することになり、戦略的なパートナーシップにも寄与する」という共同声明を発表しました。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180717#1531824449

#EPA


情報銀行は、ネット上での買い物の履歴など、本人の同意の下で預かったさまざまなデータを企業に販売し、個人には対価として金銭やサービスを提供する仕組みです。


関係者によりますと、三菱UFJ信託は来年度中にも、この情報銀行の事業に乗り出す方針を固めました。


具体的には、スマートフォンの専用アプリを使って、個人に、健康診断の結果や月々の支出の内訳など企業に提供してもいいデータを登録してもらいます。
これらのデータを銀行を通じて企業が購入すると、個人は1企業当たり500円から1000円程度を受け取るなど金銭やサービスを得られるということです。


家電や自動車などあらゆるものがインターネットにつながるようになり、ネット上に蓄積される膨大な個人データをビジネスに活用したいという企業が増えているため、三菱UFJ信託としてはいち早く事業化を決めたものと見られます。


情報銀行には、金融機関のほかにも大手電機メーカーなども参入を検討していて、個人と企業、双方にとって安全な形でデータの活用が広がるかが注目されます。


米中間では、トランプ政権が中国からの幅広い輸入品に高い関税を上乗せする措置を発動したのに対し、中国側も同じ規模の報復関税をかけて対抗するなど貿易摩擦が激しくなっています。


アメリカの貿易政策について中国外務省の華春瑩報道官は18日の記者会見で、「中国だけでなく全世界を敵にしたものだ」と述べたうえで、各国の輸入品の価格が上昇し、5年後には世界全体の貿易が15%縮小するという指摘があるとして、世界経済に深刻な影響を及ぼすと強調しました。


そのうえで、「国内政治を考慮し、自国の利益だけに基づいて始めた貿易戦争であり、第2次世界大戦以来の国際的なルールを全面的に後戻りさせるものだ」と厳しく批判しました。


さらに、「アメリカが、『他国を攻撃するのは正しく、他国が自衛することは筋が通らない』という覇権的な論理を主張し続けるなら、孤立した誤った道を突き進むだけだ」として保護主義的な姿勢を改めて政策を変更するよう求めました。


トランプ大統領は17日、ホワイトハウスで開かれた議員との会合で、非核化に向けた北朝鮮との交渉について、「話し合いはうまくいっている。急いではいない」と述べました。


そのうえで「この間、核実験もミサイルの発射もない。互いの関係はとても良好だ。どうなるか見てみよう。交渉に期限は設けていない」と述べ、北朝鮮の軍事挑発が収まったと成果を強調したうえで、非核化交渉は期限を定めず時間をかけて進める考えを示しました。


北朝鮮の非核化をめぐっては、先の米朝首脳会談の共同声明に具体的な行程や期限が盛り込まれなかったため、交渉が迅速に進むか疑問視する見方が出ていました。


さらに、今月、ポンペイ国務長官北朝鮮を訪れてキム・ヨンチョル朝鮮労働党副委員長と協議をした直後、北朝鮮外務省が「アメリカ側は一方的で強盗のような非核化要求だけを持ち出した」と批判し、双方の立場の隔たりがあらわになっています。


今回のトランプ大統領の発言は、こうした現状を踏まえて非核化交渉が長期化する可能性を念頭に置き、内外の期待値を下げる狙いもあるものとみられます。


アメリカのトランプ大統領は、フィンランドの首都ヘルシンキで日本時間の16日夜に行われた米ロ首脳会談のあとの記者会見で、おととしのアメリカ大統領選挙にロシアが干渉したとされるいわゆる「ロシア疑惑」について、「ロシアが関与していると信じる理由はない」と述べ、ロシア側の主張を受け入れる見方を示しました。


しかしトランプ大統領は、ホワイトハウスで17日行われた会議の冒頭で「記者会見での発言を1か所釈明したい。『ロシアが関与していないと信じる理由はない』と言うべきところを『関与していると信じる理由はない』と発言してしまった」と述べて発言を修正し、いわゆる「ロシア疑惑」にロシアが関与していた可能性があるという見方を示しました。


トランプ大統領ヘルシンキでの発言に対しては、アメリカ国内の野党だけではなく与党・共和党の幹部からも批判する声が高まっています。


トランプ大統領は、みずからの発言を言い間違いだとして修正することで、事態の収拾をはかりたいという狙いがあるものとみられます。

ホワイトハウスで行われた会議の冒頭で、トランプ大統領は、いわゆる「ロシア疑惑」についてロシアの関与を断定したアメリカの情報機関の結論を受け入れたうえで、「私はアメリカの情報機関に全幅の信頼を寄せている」などと述べました。


そしてこの発言をしているときに突然、部屋の照明が消えるハプニングがありました。
部屋の明かりは6秒ほどで元に戻りましたが、暗闇の中でトランプ大統領は「おっと、部屋の明かりを消したな。これは情報機関の仕業に違いない」と冗談交じりに述べ会議の出席者や記者団から笑いがもれました。


さきに行われた米ロ首脳会談のあとの記者会見で、トランプ大統領が「ロシア疑惑」について、情報機関の結論を無視する形でロシアの関与に否定的な見方を示したことに対しては、アメリカの情報機関のトップ、コーツ国家情報長官は16日、ロシアの関与は明白だと強調する異例の声明を発表していました。


アメリカのトランプ大統領はことし5月、イランと欧米などが3年前に結んだイラン核合意から離脱したうえで経済制裁を再開すると表明し、来月以降順次、発動されることになっています。


これを受けてイラン政府は17日までに、アメリカによる制裁再開は違法であり認められないと主張し、制裁の発動停止を求めてオランダのハーグにある国際司法裁判所に訴えを起こしたことを明らかにしました。


イランのザリーフ外相はツイッターに「イランは、アメリカが外交や法的義務を軽視する中でも法を順守していく」と書き込み正当な対抗手段を取ると強調しています。


アメリカが今後、幅広い分野で制裁を発動する中で、イランと原油などの取り引きがある各国の政府や企業は対応を迫られています。


イランとしては法に即した手続きをとることで、各国にアメリカの圧力に屈しないよう求める狙いもあるものと見られます。


FRBのパウエル議長は17日、議会上院の公聴会に出席しました。


この中で、パウエル議長はアメリカ経済の現状について、「4月からの3か月間の経済成長は、ことし初めと比べてかなり加速しているようだ」と述べ、雇用の増加などを受けて、景気の拡大が続いていることに自信を示しました。


そのうえで、今後の金融政策については「今のところ利上げを続けることが最善の道だ」と述べ、引き続き金融引き締めの路線を進めていく姿勢を強調しました。


一方、トランプ政権が、輸入制限措置を発動するなど、各国との間で広がる貿易摩擦について、「一般的に、保護主義的な政策をとった国は経済が悪化してきた。長期間、幅広い製品に高い関税が課されれば、アメリカや相手の国の経済にとってもマイナスだ」と述べ強い懸念を示しました。


貿易摩擦がさらに激しくなれば、企業の投資や個人消費を冷え込ませるおそれもあることから、FRB実体経済への影響を注視していくことにしています。

https://pbs.twimg.com/media/DiW4xiHVQAAvIKU.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DiW4xhUU0AEduf2.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DiW4xhQUEAAXOWu.jpg

うなぎ割烹 大江戸 (おおえど) - 新日本橋/うなぎ[食べログ]

神田きくかわ 神田店 (かんだきくかわ) - 神田/うなぎ [食べログ]

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180702#1530528570

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180714#1531565358新国立劇場


日本橋の景観を取り戻すために国土交通省などは、首都高を地下に移す計画の検討を進めてきた。18日の検討会では、地下化の事業費が約3200億円と示され、首都高速道路株式会社が約2400億円を負担し、残りを都や中央区などで分担することが決まった。


完成は早くても2030年以降になる見通し。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20160909#1473417410

團紀彦 - Wikipedia

日吉ダム周辺整備(1999年日本建築学会賞、2003年土木学会デザイン賞)

日吉ダム - Wikipedia

この為、公団は日吉町と共に早くからダムによる地域振興を目指した。折から建設中の1994年(平成6年)、建設省はダム・ダム湖地域活性化の要とし、観光地としての価値をダムに持たせ地域振興に寄与することを目的にダムの積極的な一般開放を目指して「地域に開かれたダム」施策を実施した。日吉ダムはその第1号として指定され、日吉町等と連携して計画的且つ広大な周辺整備に力を入れた。ダム直下流部に複合温泉施設として「スプリングスひよし」を建設、温泉・プール・体育館等を備え、広大な芝生を植えキャンプ場や公園等を整備。日吉町郷土資料館や京都府民の森等もダム近辺に整備、また天若湖は関西北部屈指の釣りスポットとして有名となり、古くから全国的にバスフィッシングで有名な大野ダム、和知ダム、63年京都国体のカヌー会場にもなった由良川との相乗効果で一大アウトドアスポットとした。ダム湖周辺には遊歩道を整備しハイキングコースとした他、マラソンやジョギングし易く路面を整備した。さらには国道9号、京都縦貫自動車道園部インターチェンジ、国道372号、国道477号といった主要幹線道路から近く、他のダムと比較して道路整備が進んでいることも近隣都市部から人気のある理由である。


こうして、ダム管理者とダムによって犠牲を強いられた地元が協力しダムを地域振興の拠点として整備に注力した結果、日吉ダム周辺は京都府民の一大レジャースポットとして成長、現在は丹波地域の観光地として定着した。また来訪者が道中の道の駅や商業施設に立ち寄る頻度が増えたことから経済効果が相当ある。国土交通省調査による直轄・機構管理ダムの年間利用者数で岩手県の御所ダム(北上川水系雫石川国土交通省東北地方整備局)に次ぎ年間87万人の利用者が訪れるという結果となった。多くの市民が利用する公共施設として、全国的に無駄な施設が問題視されている中での成功例である。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180716#1531738248

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180408#1523184024


 名古屋市港区のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」は19日から、入場料を大幅値下げすると発表した。夏休みや年末年始などの繁忙期と通常時で価格を分け、1日券で大人は最大1900円、子ども(3〜12歳)は最大1600円安くなる。昨年4月の開業以来、利用客から「料金が高すぎる」と不満の声が絶えず、夏休みを前に大幅な値下げに踏み切った。年内は無休で営業することも決め、巻き返しを図る。

 運営会社は料金改定について「メインターゲットの子どもファーストの価格にした」と説明。1日券はこれまで子ども5300円だったが、新料金は繁忙期4500円、通常時3700円に。大人は繁忙期は6900円で据え置きだが、通常時は5000円に値下げする。事前購入するとさらに安くなる。


 年間パスポートも入場可能な時期や施設に応じた3種類のパスポートを新設し、料金もこれまでより割安になる。

http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180714#1531565372
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180710#1531219624
http://d.hatena.ne.jp/d1021/20180510#1525948693


日本政府観光局によりますと、先月までの半年間に日本を訪れた外国人旅行者は、推計で1589万8900人となりました。


去年と比べると214万人、率にして15.6%増え、半年間としてはこれまでで最も多くなっています。


国や地域別に見ますと、最も多いのが中国からの旅行者で、405万6400人と、去年の同じ時期と比べて23.6%増えました。


次いで韓国からの旅行者が18.3%増えて401万6400人、台湾からの旅行者が9.5%増えて250万5800人、香港からの旅行者が2.5%増えて111万600人などとなっています。


今後について、観光庁の田村明比古長官は、記者会見で「西日本を中心とした豪雨など相次ぐ災害の影響については、注意深く見ていくとともに、政府として正確な情報発信に努めて行きたい」と述べました。

https://pbs.twimg.com/media/DiYFMiLX0AApTOt.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DiYFMi6XcAAaFMm.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DiYFMlkW0AEHhzC.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DiYFMkSX4AERHtQ.jpg