https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

http://livedoor.blogimg.jp/joshiananews/imgs/0/c/0cae0437.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/joshiananews/imgs/2/4/242cd6bc.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/joshiananews/imgs/f/5/f5260511.jpg

https://pbs.twimg.com/media/DsLGLD1VAAAhLvy.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/joshiananews/imgs/d/9/d98e9ef7.jpg

 今夏の甲子園を沸かせ日本ハムにドラフト1位指名された金足農・吉田輝星投手(17)に、厳しい現実が突きつけられた。15日に秋田市内で入団交渉を行い仮契約を結んだが、契約金1億円、年俸1000万円(推定)。初年度年俸上限の1500万円には届かなかった。

 同じ高卒でも昨年のドラフト1位・清宮幸太郎、2012年の大谷翔平、07年の中田翔らは、上限の契約金1億円プラス出来高払い5000万円、年俸1500万円でプロ入り。今年のドラフトでも、中日に1位指名され4日に仮契約した大阪桐蔭・根尾昂内野手は上限いっぱいだった。

 そこは、根尾を抽選で外したあとの“外れ1位”という現実がある。吉田も“外れ1位”としては破格の高条件といえる。

 交渉を担当した大渕スカウト部長は「1番に指名したわけではないし、球団として『足りない部分がある』という評価は金額にあらわれている」と晴れの席としては厳しめに言明した。

 「9月のU-18アジア選手権根尾や藤原(大阪桐蔭=ロッテ1位)と接して、野球に集中しないといけないと感じたはず。人前に出るのが楽しいと思うタイプだが、そこは良さでもあり不安でもある。入団しても、サインは全て断らなければいけないくらいの気持ちが必要。活躍してから書けばいい。今までは秋田県のヒーローでよかったが、これからは全国区でやってもらわないといけないから」と大渕部長。甲子園で話題になった“シャキーンポーズ”も1軍で結果を出すまではお預けになりそうだ。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/10/31/200000(テレ朝・竹内由恵アナ『報ステ』3月降板!?の理由と気になるその後)

「皇室記者たちが気づいたときには、すでに小室さんは秋篠宮邸に入っていました。驚いたことに、小室さんの乗った車は『東宮御所正門』から赤坂御用地に入ったのです。その門は、皇太子ご一家が暮らす東宮御所近くにある門で、天皇皇后両陛下や東宮御所の来賓など、ごく限られた人だけが使うことができます。赤坂御用地の中でも最も格式の高い門で、秋篠宮ご夫妻であっても、よほどの理由がない限り、この正門を使うことはないそうです」(皇室ジャーナリスト)

 その日、皇太子ご夫妻は夏の甲子園の開会式に出席されるために兵庫県に出かけられており、愛子さまもイギリスに短期留学中。天皇皇后両陛下も公務のために北海道を訪れられていた。

 そんな“主人不在”の御用地の正門を、小室さんは誰の許可で通ったのか。

「当初は、マスコミの目を避けるために秋篠宮さまが判断されたものと思われていました。ところが実際は、眞子さまが自ら警備に頼み、正門を通らせたそうです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 それを知った秋篠宮ご夫妻は大きな衝撃を受けられたという。しかし、娘を刺激したくないご夫妻はその件について沈黙を守り、また、事情を知った皇太子さまも静観されていたそうだ。

宮内庁関係者の一部でも、“眞子さまのお立場で、いくらフィアンセのためとはいえ、そこまでしていいのか”という声が聞かれました。眞子さまにそのことをはっきりと注意されたのは、美智子さまだったそうです。

 両陛下、皇太子ご一家がご不在のときに、お立場にふさわしくない門を使って、人目を忍んで招き入れるようなことは、どのようなときも堂々とされてきた美智子さまにとって、心を痛められた出来事だったのでしょう」(別の宮内庁関係者)

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/09/200507天皇皇后両陛下 最後の園遊会 1600人余が出席)
https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/07/200100秋篠宮さま 海洋汚染の国際会議出席のため福島訪問)
https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/04/200100眞子さま、27才の誕生日に美智子さまと昼食 何が語られたか)

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/20180831/1535711857(観光施設の秋田犬が体調不良で休養 ストレスか 秋田 大館)

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/16/200150

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/16/200218(文政権は「積弊」という言葉を使っている。これは「保守政権時代に積み重なった弊害」を意味している。「積弊」を清算するという大義名分の下、保守派や反対勢力を葬り去ろうという革命が進行中なのだ。)

アメリカの研究グループ「38ノース」は16日、北朝鮮のニョンビョン(寧辺)にある核施設の衛星写真の分析結果を発表しました。

それによりますと、今月2日に撮影された写真で、原子炉の冷却水を川から取り込むためのポンプの周辺で川のしゅんせつ作業が進んでいる様子が確認できるとしています。

この施設では、これまでの分析で原子炉の冷却システムの改修工事が行われていることが指摘されていて、現在も工事が続いていることがうかがえます。

また、原子炉の冷却水は少量しか排出されておらず、原子炉は稼働していないとみられるとしているものの、隣りに位置する道路では重機による掘削作業が始まったことが確認できるとしています。

ことし9月に行われた南北首脳会談で北朝鮮は、アメリカが相応の措置をとればニョンビョンにある核施設を閉鎖する用意があることを表明しています。

北朝鮮としては米朝協議が難航するなか、アメリカの出方を見極めながら施設の整備を続けているものとみられます。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/16/200220北朝鮮 キム委員長 兵器の実験を視察 米をけん制か)

シンガポールで開かれた東アジアサミットには、ASEAN東南アジア諸国連合10か国の首脳のほか、安倍総理大臣や中国の李克強首相、アメリカのペンス副大統領などが参加しました。

議長国シンガポールは16日、議長声明を発表し、中国による軍事拠点の構築が進む南シナ海をめぐる問題について「緊張を高め、信頼を損なう埋め立てなどの活動に対するいくつかの懸念に留意する」としました。

その一方で、中国がASEANと策定を目指す南シナ海での紛争防止に向けたルールづくりについて「交渉が進んでいる」と表現し、アメリカと中国が激しく対立する中、双方の立場に配慮してバランスを取った形です。

声明ではまた、北朝鮮への対応について「拉致問題の解決を含む人道上の懸念に対処する重要性を複数の首脳が強調した」と改めて拉致問題に触れたほか、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化に向けた国際的な努力への決意が示された」としています。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/16/200230ASEAN 一連の首脳会議閉幕 南シナ海問題で米中が駆け引き)

米中両国は互いに関税を上乗せし合う制裁措置を発動して激しく対立する中、今月下旬のG20サミットにあわせて、トランプ大統領習近平国家主席が首脳会談を行う見通しになっています。

トランプ大統領は16日、ホワイトハウスで記者団に対して、貿易の不均衡を是正するため中国側が講じる対応について、142項目に上る膨大なリストを送ってきたことを明らかにしました。

そのうえで「かなり完成した内容だ。現在、検討している第4弾となる追加の関税措置を課す必要はないかもしれない」と述べ、貿易摩擦の緩和に向けた合意に前向きな姿勢を示しました。

その一方でトランプ大統領は、「まだ受け入れられない。重要な項目が4つか5つ漏れている」と述べ、中国側の対応を見守る考えを示しました。

ただ、ロス商務長官は前日、「今回の首脳会談で完全な合意に達することはない」と述べ、貿易摩擦の解消には時間がかかると慎重な見方を示していて、対立の緩和に向かう糸口が見いだせるか予断を許さない状況です。

習近平主席はAPECが開かれているパプアニューギニアでアジア太平洋地域の財界人などを前に演説しました。

この中で習主席は冒頭から「今、世界には保護主義と一国主義の暗い影が覆ってきている」としたうえで、「保護主義、一国主義の古い道は世界経済の不確定性を増すだけだ」と述べて貿易摩擦で対立するアメリカの保護主義的な政策を強く批判しました。

さらに「ルールは国際社会でともに決めるべきで、誰の腕が太いか力が強いかで決めるべきではない」とアメリカへの批判を続けながらも、「対抗すれば、その先の冷戦、戦争、あるいは貿易戦争に誰も勝者はいない」と訴えて、話し合いで貿易摩擦を解決していきたい考えを示しました。

そして巨大経済圏構想「一帯一路」について、「誰かを排除するものではなく、わななどと言われるものでもない、ともに発展する光の道だ」と述べたうえで、来年4月に再び中国で一帯一路フォーラムを開く方針を示し、アジア太平洋地域全体にも広げていきたい考えを示しました。

アメリカのペンス副大統領はAPECの首脳会議に出席するために訪れているパプアニューギニアの首都、ポートモレスビーで17日、財界人などを前に演説しました。

この中でペンス副大統領は、中国が巨額の支援を通じて地域への影響力を拡大させていることを念頭に「支援は条件付きだったり膨大な債務につながったりすることがあまりにも多い」と指摘しました。

そして、「主権を脅かすような対外債務を受け入れてはならない。アメリカは相手国を債務漬けにすることはない」と述べて、中国は一部の国々を債務漬けにしていると批判し中国に対抗する姿勢を鮮明にしました。

また、ペンス副大統領は「インド太平洋地域にとってインフラ整備は最優先事項だ」と述べて、インフラ整備のために600億ドル、日本円で6兆8000億円の融資枠を設けると表明し、インド太平洋地域への関与を強めていく方針を示しました。

さらに、この地域の発展のために同盟国の日本やオーストラリアと連携していることを強調するとともに「日本とともにエネルギー分野のインフラのために100億ドルを投資する」と述べました。

一方、中国との貿易摩擦についてペンス副大統領は「中国がそのやり方を変えるまでアメリカは方法を変えない」と述べて、今後も強い態度で臨む姿勢を強調しました。

アメリカ政府関係者は、APECに出席するためパプアニューギニアを訪れているペンス副大統領が17日、APECに加盟している台湾の張忠謀代表と個別に面会したことを明らかにしました。

ペンス副大統領が財界人を前に演説したあとに面会したとみられ、対話の内容は明らかになっていませんが、中国側の反発も予想されます。

APECの台湾代表は財界人で、当局の官僚ではありませんが、台湾は中国の一部だとする中国側の考え方を尊重して、アメリカの大統領などはこれまでAPECの台湾代表と個別には会わないか、会っても発表してこなかったため、面会したことが明らかになるのは異例のことです。

台湾の代表団の関係者は「会ったことは認めるが中国側を刺激するので今のところ何も発表するつもりはない」と話しています。

APEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議の開幕を前に、日米豪3か国の政府は共同声明を発表し、インド太平洋での大規模なインフラ事業を実施するため、開放性や透明性などが確保された質の高いインフラ開発を推進するために協働するとしています。

共同声明によりますと、日本、アメリカ、オーストラリアの3か国の政府は、先にそれぞれの政府系金融機関などが発表した覚書を基に、インド太平洋での新しい大規模なインフラ事業を実施するため、民間の投資や資本を動員し、協働していくとしています。

また覚書に、「開放性や透明性、それに対象国の財政の持続性など、国際的なスタンダードを順守したインフラ事業を支援する」と明記していることについて、「非持続的な債務負担を避けつつ、地域のニーズを満たす一助となる」と評価しています。

そして3か国の政府は、来年、大阪で開催されるG20サミットまでに、G20のほかのメンバーと、開放性や透明性、それに債務の持続可能性などが確保された質の高いインフラ開発を推進するために協働するとしています。

このうちマレーシアのマハティール首相は、人工知能の開発などIT技術の発達によって雇用が減るおそれがあることを指摘し、新しい時代に対応した能力を身につけることができる教育の普及を急ぐ必要があるという認識を示しました。

そのうえでマハティール首相は「技術の発達がもたらす影響をどうコントロールしていくか、国際的なレベルで協力しなければならない」と訴えて雇用を守ることや新しい教育を開発し、普及させる取り組みについて各国の政府や企業が協力することを呼びかけました。

人件費の安さを生かした製造業の振興によって経済発展を続けている新興国では、IT技術の発達で雇用の在り方が大きく変わる可能性があり、各国ともそうした変化への対応が差し迫った課題となっています。

サウジアラビア人の著名なジャーナリストのジャマル・カショギ氏が先月殺害された事件について、有力紙ワシントン・ポストの電子版は16日夜、「CIAはサウジアラビアムハンマド皇太子が暗殺を指示したと結論づけた」と伝えました。

それによりますとCIAは、カショギ氏がトルコのサウジアラビア総領事館に入ってまもなく殺害されたことを示す音声記録をトルコ側から入手したということです。

また、殺害後に実行犯の1人がムハンマド皇太子の側近に電話をかけ、任務が完了したと伝えるなど、さまざまな情報を分析した結果、皇太子の命令があったと結論づけたとしています。

また「ウォール・ストリート・ジャーナル」の電子版は、「明白な証拠に基づいた結論というより、皇太子の関与なしに今回の事件は起こりようがなかった」というアメリカ政府当局者の見方を伝えています。

一方、サウジアラビア政府は15日に捜査結果を公表した際、現場の暴走だったとするこれまでの主張を強調し、皇太子の関与を強く否定しています。

トランプ大統領はこれまで、事件の真相究明を求めるとしながらも、経済や安全保障面で強い結びつきがあるサウジアラビアとの決定的な対立は避けたい考えをうかがわせてきました。

ただ、自国の情報機関であるCIAが皇太子の命令だと結論づけたと伝えられたことで、議会などから厳しい態度で臨むべきだという声が強まるのは確実で、難しい対応を迫られることになりそうです。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/16/200240(トランプ政権 サウジアラビア高官ら17人制裁 皇太子には触れず)

CNNテレビは、トランプ大統領の記者会見で口論になったアコスタ記者の入館証をホワイトハウスが無効にしたのは、報道の自由を侵害し、適正な手続きもとっていないとして、トランプ政権を相手取り入館証の返還などを求める訴えを起こしています。

訴えを審議する首都ワシントンの連邦地方裁判所は16日、「適正な手続きが取られていない」としてCNNの主張を暫定的に認め、ホワイトハウスに対し、記者に入館証の返還を命じる仮処分の決定を出しました。

決定を受けてCNNは「裁判所の判断に満足しており、今後、最終的な決定として同様の判断が出されることを期待する」とコメントしています。

一方、トランプ大統領は記者団に対し、「私は、報道の自由を誰よりも重んじているが、記者はホワイトハウスにいるときは敬意を持った言動をしなければならない。私はいつでも記者会見を打ち切ることができるが、そうすると他のメディアは満足しないだろう」と話しました。

トランプ大統領は、自分に批判的なメディアを「フェイクニュース」や「国民の敵」などと呼んで敵視しているのに対して、ホワイトハウスを取材するメディアで作る記者会は裁判でCNNを支援しており、大統領とメディアの対立は一層激しくなっています。

いわゆるロシア疑惑をめぐり、トランプ大統領は16日、ホワイトハウスで記者団に、モラー特別検察官から寄せられた質問に回答したのかと問われると、「弁護士には任せず自分で書いた。簡単な質問ばかりだった。ただ最近忙しかったので、まだ提出はしていない」と述べ、書面で回答を用意したことを明らかにしました。

そして、ロシア疑惑について「そもそも始めるべきではなかった『魔女狩り』の捜査で数百万ドルの税金をむだにしているが、そろそろ終わるそうだ」と述べました。

大統領の元側近が相次いで司法取引に応じ、捜査に協力する意向を示す一方で、トランプ大統領は司法長官を解任し、疑惑の捜査に批判的な人物をその代行に充てるなど、捜査当局との攻防が激しさを増しています。

モラー氏の捜査は大詰めを迎えているという見方もあり、トランプ大統領が回答を提出する時期やその内容に注目が集まっています。

イギリスでは、EUとの間で取りまとめた離脱協定案を批判する離脱担当相はじめ閣僚など4人が相次いで辞任するなど、政局の混乱が続いています。

メイ首相は16日、ラジオ番組に出演して、国民からの質問に直接答える形で離脱協定案の支持を訴えました。

その後、新しい離脱担当相にスティーブン・バークレー氏を任命し、政権の立て直しを急いでいます。

こうした中、離脱派を代表するフォックス国際貿易相は「協定案に反対している議員は合理的な判断をすべきだ。なんらかの合意があるほうが何もないよりはましで、いまは経済界に安定を与えることが国益にかなうことだ」と述べ、首相を支持する姿勢を示しました。

また、辞任の可能性が取り沙汰されていたゴーブ環境相も「首相を支持する」と述べ、閣僚の辞任の連鎖は、ひとまず止まった形です。

ただ、ゴーブ氏をはじめ離脱派の閣僚は週末にも会合を開き、離脱協定案を修正するよう首相を説得する方策を探るとも伝えられ、メイ政権がEUとの正式合意にこぎつけられるかどうか見通しは立っていません。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/16/200310(英首相 相次ぐ閣僚辞任もEU離脱交渉推し進める姿勢示す)

プーチン大統領を後ろ盾として、チェチェン共和国で絶対的な権力を持つカディロフ首長も柔道の経験者です。

スターリングラード攻防戦 - Wikipedia

コーカサス山脈 - Wikipedia

黒海からカスピ海まで東西に走る山脈である。ロシア語からカフカース山脈ともよばれる。ロシアでは大カフカース山脈(Большой Кавказ)と呼び、南の小カフカース山脈(Малый Кавказ)と区別している。

ギリシア神話では、コーカサスは世界を支える柱のうちの一つでゼウスがプロメーテウスを鎖で繋いだ場所でもある。

プロメーテウス - Wikipedia

ゼウスの反対を押し切り、天界の火を盗んで人類に与えた存在として知られる。また人間を創造したとも言われる。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/10/200530(「スターリングラード、コーカス山(=中東のカスピ海黒海の間の山脈。北カフカーサス山脈と南カフカーサス山脈がある)一帯は素戔嗚尊の本拠だから、ドイツが勝てないのである。)

「80キロが72キロだよ。苦労してんだ」

みんなの党は、平成21年の結党から4年で、衆参両院で36人の勢力となりましたが、党運営をめぐって分裂し、平成26年には解党。

渡辺さん自身は、化粧品販売会社の会長から8億円を借り入れていた問題で、政治資金規正法違反などの疑いで告発され、東京地検特捜部の捜査を受けました。

平成27年に嫌疑不十分で不起訴になりましたが、さらに検察審査会の議決を受けて東京地検特捜部の再捜査が行われ、再び不起訴となりました。

その間、平成26年衆議院選挙で落選。おととし、参議院議員として再び国政の場に復帰しました。

サラダに、しゃけ、かぶ、きゅうり、柿などなど、盛りだくさん。

「自分で作るに決まってるだろ。落選していたときは、毎日、お買い物に行ったから。『いかに安いものを買うか』という習慣は、今も残ってます」

実は渡辺さん、栃木県の地元の田んぼでお米を作って、自分の名前にかけて「ヨッシー米」と名付けているんだそうです。

みんなの党にいた議員は、今や、自民党立憲民主党などに行き、散り散りに。
「流浪の旅に出た民族みたいだな。36人いたときは、官邸からラブコールも来た。安倍総理大臣と『戦略対話』を繰り返し、その先に『与党再編』がありえるという私の考え方に対し、ほかの議員は『野党再編の方が選挙に有利だ』と言って崩れていったんですね」

「もう慣れた。独りメシはストレスもないし、健康には最適ですね

『何をやるか』という原理原則を徹底したが、『誰と組むか』も大事と分かった

渡辺さんの傍らには、「嵐の中でも時は過ぎ行く」と、シェークスピアの「マクベス」の一節が。

「何をやるか」より「如何にあるか」が大事。

https://d1021.hatenadiary.jp/entry/2018/11/16/200520

 全国から八百万神が出雲大社島根県出雲市)に集まるとされる旧暦10月10日の17日夜、同市の稲佐の浜で「神迎神事」があった。暗闇にかがり火がたかれる中、神職祝詞をあげ神々をサカキに宿らせた。

 旧暦10月は各地の神々が留守になるため神無月といわれる一方、神々が集まる出雲地方では「神在月」と呼ばれる。

 海からやって来るとされる神々を迎え終わると、神職がサカキを白い絹の布で覆い、観光客らと出雲大社に続く約2キロの「神迎の道」を進んだ。

 稲佐の浜出雲大社に祭られる大国主命が、天照大神の使者と国譲りの話し合いをした場所とされる。

美瑛町 - Wikipedia

なだらかな丘陵と豊かな自然環境と景観が特徴になっている。

アイヌ語の「ピイェ」〔油(転じて油っこい・油ぎっている)〕に由来するとされる。

現在の美瑛川十勝岳からの硫黄が溶けこんで濁っていた様を表現したものであるが、「美しく、明朗で王者の如し」という意味を込め、「美瑛」と当て字された。

北海道のほぼ中央、大雪山国立公園十勝岳連峰と夕張山系との間に位置している。十勝岳連峰は複数回の大規模噴火によって火砕流が周辺地域にひろく分布し、放射状に河川が流れて谷を形成された。美瑛の波状丘陵は噴火と河川の侵食によるものであり、丘と沢が連続性を持って成り立ち変化に富んでいる。また、波状丘陵の上に格子状の区画割りで開墾を行ったことが美瑛の個性的な景観を生み出すことになった。開拓は沢の平坦地を水田に、丘の傾斜地を畑に開墾していった。

十勝岳 - Wikipedia

大正噴火
1923年、溶融硫黄の沼を出現させ活動を再開した。 1925年2月頃より小規模な噴火を繰り返していたが次第に活発化し、1926年5月からは小火口を形成するなど大規模な噴火が発生した。中でも5月24日12時ごろにグラウンド火口の中央火口丘西側で発生した水蒸気噴火では、小規模な火山泥流が発生して現在の望岳台付近まで流下した。5月24日16時18分の2回目の大規模な水蒸気噴火により中央火口丘の西半分が崩壊、これにより生じた岩屑なだれは噴火から約3分で火口から2.4kmの地点にあった硫黄鉱山の平山鉱業所宿舎を推定速度 40m/秒で飲み込み、さらに山頂付近の残雪を融かして泥流を発生させた。この泥流は美瑛川富良野川を一気に流下し、20分で約25km離れた上富良野市街に到達した。このときの噴火を描いた小説として、三浦綾子の『泥流地帯』及び『続・泥流地帯』がある。