https://d1021.hatenadiary.com
http://d1021.hatenablog.com

「殿下はまず『お気持ちの尊重』の意味について、ストレートに『二人の結婚を認めるということです』と言い切られました。むろん“結婚容認”を公にされたのは初めてです。そして『二人がそういう意思なのであれば、親として尊重するしかありません』『時期に関しては、これから本人たちが考えるでしょう』とも述べられていたというのです」

 ただし、質問の後半に対しては、以下のような趣旨のご回答をなさったという。

〈私は以前“多くの人が喜んでくれる状況”と述べたわけですが、何をもって多いか少ないかというのは、客観的には難しい。この結婚に批判的な人、喜んでくれる人、そして無関心な人など、さまざまいると思いますが、私としては現在、多くの人が喜んでくれる状況にあるとは認識しておりません〉──。

 ご結婚をお認めになりながらも、二人を取り巻く状況はなお厳しいと指摘なさったわけである。

 秋篠宮家の事情を知る人物が言う。

「殿下は皇室の結納にあたる『納采の儀』には難色を示されながらも、憲法の『婚姻は、両性の合意のみに基いて成立』という条文を尊重され、全面反対の姿勢を打ち出すことはありませんでした。それが今回のご回答でも色濃く表れている印象です。お二人の結婚の意思を否定なさることはすなわち、憲法に反することだと痛感なさっている。いわば板挟みの状態であるといえます」

「まず、『殿下は先ほど“多くの人々が納得し、喜んでくれる状況ではない”と仰いました。そうした状況を作るには問題を解決する必要があるとのお考えも、かつて述べられていますが……』といった内容の質問が出たのです」(同)

 これに秋篠宮さまは、現在も同じお考えである旨、答えられたという。そして、

「別の記者が『小室さんのトラブルは解決したとは思えない。一般の人に理解してもらうには、当人が説明する必要があるとお考えですか』と問うたところ、殿下は『説明はすべきです』との認識を示されました。さらに『結婚に至るまでには、さまざまな段階があります』と前置きしながら、結びで『結婚と婚約とは違います』と口にされたのです」(同)

 間を置かずして、会見は終了したという。

 この関係者が続ける。

「最後の部分は実に意味深でした。これまで納采の儀を迎えるために『それ相応の対応』という課題を小室さんに求めてこられた殿下からすれば、課題は依然クリアされていないというご認識。だからこそ、家同士の行事である納采の儀には進めないというお考えは、いまも強いのだと拝察いたします」

d1021.hatenadiary.jp

日本国憲法第12条 - Wikipedia

この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

人権の歴史的演繹から導かれるその性格及び保持に必要な国民の責務をうたう。国民の倫理的指針を示したものである。「権利や自由は主張し行使しなければ取り消される」のであり、よって国民自ら政府から防衛しなければならず、かつ行使する場合は公共の福祉、つまり自分も含めた第三者の利益に適うべきと定めた規定。

d1021.hatenadiary.jp

極左の自由はなんでもありです。

d1021.hatenadiary.jp
d1021.hatenadiary.jp

「われわれは自己・自分として自在であると共に、全体に対して分在するのであるから、自らそこに守分というものがなければならない。この自分自身と他己、及び全体との関係を礼という」

#全と個#礼

内親王という立場の方が書かれた内容としては、前代未聞といえます。なぜこれほどまでに公の立場より、“私たち”を強調された文を入れられたのか。『結婚するつもりです』という一文で充分だったのを、おふたりが共同作業で文書を考え、途中で書き換え、異例の内容になったのでしょう」(宮内庁関係者)

 官邸関係者はこう続ける。

菅首相立皇嗣の礼が終わり次第、『女性宮家』の創設を目玉に安定的な皇位継承のための議論を本格化させると表明。しかし、おふたりの結婚が確実になったいま、小室さんの子供が天皇になる可能性を国民が受け入れられるでしょうか。女性宮家はこれで、事実上のお蔵入りです」

www.kunaicho.go.jp
www.kunaicho.go.jp
ja.wikipedia.org

d1021.hatenadiary.jp

京都御所は、古代イスラエル統一王国(ソロモン王・ダビデ王)再興の証であるエルサレム城であり、伊勢神宮はソロモン第3神殿である。

d1021.hatenadiary.jp

#天皇家

d1021.hatenadiary.jp

#勉強法

観閲式は埼玉県の入間基地で行われ、菅総理大臣がおよそ800人の自衛隊員を前に訓示しました。

この中で、菅総理大臣は「新型コロナウイルス感染症との闘いに総力を挙げて取り組んでいる。自衛隊は知見と能力を生かし『ダイヤモンドプリンセス号』や自衛隊病院などで対応してきており、引き続き、積極的な活動を期待する」と述べました。

そのうえで、菅総理大臣は「56年前、東京オリンピックの開会式で上空に五輪を描くという、世界で誰も成し遂げたことのなかった任務に航空自衛隊が挑戦した。来年の夏、人類がウイルスに打ち勝った証として東京オリンピックパラリンピックを開催する決意だ」と述べました。

さらに、菅総理大臣は「安全保障環境は厳しさを増しており、宇宙やサイバー、電磁波といった新たな領域での対応が求められている。組織の縦割りを排し、陸・海・空・自衛隊の垣根を越えて、取り組むことが重要だ」と述べました。

ことしの観閲式は、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため規模を縮小して行われ、ヘリコプターや戦闘機などが上空を並んで飛行する観閲飛行や来賓の招待は見送られました。

この後、菅総理大臣は、電波情報を収集できる航空機など、部隊を視察したほか、今年度、退役する戦闘機の操縦席に、実際に乗り込むなどしていました。

政治資金収支報告書政治団体が1年間の収入や支出について記載し、翌年、総務省都道府県の選挙管理委員会に提出します。

事務作業の効率化などを目的に平成22年、窓口に行く必要がない現在のオンラインのシステムが導入され、政治資金規正法では国会議員関係の政治団体はこのシステムの利用に努めることが規定されています。

しかし、NHKがシステムの導入から10年目の去年とことしの利用状況について総務省都道府県の選挙管理委員会を取材したところ、去年報告書を提出した国会議員が関係する2586の政治団体のうちオンラインのシステムを利用したのは20団体、率にして0.8%にとどまりました。またことしの提出分でオンラインを利用したのは取りまとめ中の兵庫県香川県を除くおよそ2500団体のうち27団体で、1.1%でした。

この結果総務省選挙管理委員会の担当者は、オンラインなら必要ない窓口での対応を多く求められています。

総務省によりますと、このシステムには導入と維持のためにこれまでに20億4000万円余りが投じられ、今後も毎年6000万円の費用がかかるということです。

情報通信政策が専門で武蔵大学庄司昌彦教授は「マイナンバーカードの利用やオンラインの活用など政府がデジタル化を進める中、政治家の側も積極的にオンラインの手続きを使うようにすべきだ。行政にかかる負荷を下げるためにも政治家が行動を変えていかなければならない」と話しています。

政治資金収支報告書をオンラインで提出する現在のシステムは平成22年から利用が始まりました。

政治資金規正法は「国会議員関係政治団体の会計責任者は、報告書の提出については、電子情報処理組織を使用する方法により行うよう努めるものとする」などと規定し、このシステムの利用を促しています。

総務省は当初、システムの利用率を1年目は10%、2年目は30%、そして5年目には60%とする目標を掲げていましたが、実際の利用率は0%台から1%台が続きました。そして6年目以降、目標値は設定されなくなりました。

総務省では政治団体の担当者に申請手続きを実演形式で説明するなどしていますが、依然として低調な状態が続いています。この状況について総務省は「収支報告書のオンライン提出が増加していくことが、望ましいと考えている。引き続き、周知に努めていきたい」としています。

東京都選挙管理委員会はことし、4047の政治団体から政治資金収支報告書の提出を受けましたが、このうちオンラインを利用したのは97件で、ほとんどは都庁の窓口に持ち込まれました。このため新型コロナウイルスの感染拡大を受けてテレワークを進めていた3月から5月にかけても例年通り窓口での対応が必要になりました。

オンラインでは審査の待ち時間がありませんが、窓口では待ち時間を含めて審査に3時間ほどかかることもあったということです。

東京都選挙管理委員会総務課の瀬尾和孝課長代理は「オンラインのシステムは一度慣れれば難しくなく圧倒的に便利になるので、まずは仕組みを知ってもらい積極的に使ってほしい」と話しています。

オンラインを利用して東京都選挙管理委員会に提出された政治資金収支報告書は国会議員関係の政治団体が205件中3件の1.4%、それ以外の政治団体が3842件中94件の2.4%で、法律でオンライン利用の努力義務がある国会議員関係のほうが低くなっています。

政治資金収支報告書の提出になぜ、オンラインを利用しないのか、依然として紙で提出している国会議員関係の政治団体の関係者に話を聞きました。

ある議員の公設秘書は「オンライン提出は頭になかった。なんとなくずっと紙で提出してきているからそうしているだけでいわば『慣れ』の問題だ」と話していました。

また別の団体の担当者は「オンラインで提出できることを知らなかった。努力義務ということなら来年から切り替えたい」と話し、制度があることや法律で努力義務があることが周知されていない現状が浮かびました。

一方「直接窓口に行けばその場で担当者が細かく答えてくれて間違いを訂正してくれる」とか「オンラインでは疑問点をサポート窓口に電話で問い合わせをしなければならず窓口のほうが便利だ」など窓口で担当者と直接やり取りできるメリットを強調する担当者もいました。

政治資金収支報告書をオンラインで提出するシステムは、デジタル化の推進を担う、平井デジタル改革担当大臣の政治団体も利用していませんでした。

その理由について、平井大臣は「事務所に確認したが、領収書のコピーやPDF化の作業など、オンラインを利用するほうが作業量が多くなってしまうとのことだった」と説明しました。

そのうえで「国が、すべてのシステムのデジタル化を進めていくなかで、使われていないということは、大きな問題だ。使われないデジタル化は、やっても意味がないので、抜本的な見直しが必要だ」と述べました。

東京 台東区に事務所がある政治団体、「日本作業療法士連盟」は、去年からオンラインで政治資金収支報告書を提出しています。

国会議員関係の政治団体ではないので、オンラインのシステムを利用する努力義務はありませんが、責任者が窓口に足を運ぶ負担をなくすため利用を決めました。

オンラインでの提出には、総務省が提供している報告書作成ソフトを使うことが必要で、金額の合計が自動で計算されたり、エラーが表示されたりするため、効率よく作業ができているということです。

団体の会計担当の五十嵐栄美子さんは、時間を節約できたと感じていて、「自分の都合に合わせて提出できるので、とても便利だった。オンライン申請は、提出する側、される側、双方にとって効率がいいし、時代の流れに沿っているのではないか。総務省は、もっと周知する努力をすべきだ」と話していました。

一方で五十嵐さんは、作成ソフトやオンライン提出の方法がわかりにくいのが課題だと感じていて、「電話相談窓口があるが、電話では、疑問点をうまく説明できないもどかしさがある。システムに詳しく、かつ収支報告書にも詳しい人を配置してほしい」と話していました。

政治資金収支報告書のオンラインのシステムが、使いづらいという指摘があることについて、情報通信政策が専門の武蔵大学庄司昌彦教授は「政治がデジタル化を進めましょうと言っているなか、現在のシステムの使い勝手が悪いなら、ここを直そうと政治家が言っていくことが求められる」と指摘しています。

また、政治資金収支報告書は、大半がインターネットに公開されていますが、紙をスキャンして画像としてインターネットに公開しているため、検索やデータの分析などが行いにくい形式になっています。

庄司教授は、政治資金収支報告書のオンラインによる提出を進めると同時に、抜本的なデジタル化を進める必要があるとして、「政府は集まったデータをきちんと取り扱う、『データのガバナンス』をしっかり進めなければならず、この政治資金の問題もガバナンスの問題の1つだ。データを歴史的にさかのぼったり、検索、分析を可能にするなど、データの質を高めることを今、やるべきだ」と話しています。

都によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から90代までの男女合わせて561人です。

年代別では
▽10歳未満が12人
▽10代が31人
▽20代が132人
▽30代が102人
▽40代が90人
▽50代が83人
▽60代が50人
▽70代が37人
▽80代が20人
▽90代が4人です。

1日の感染の確認が500人を超えるのは2日連続で、27日の570人に次いで、これまでで2番目に多くなりました。これで都内で感染が確認されたのは、4万人を超えて、合わせて4万210人になりました。

一方、都の基準で集計した28日時点の重症の患者は27日より6人増えて67人です。

6日連続の増加となり、ことし5月に緊急事態宣言が解除されたあとでは最も多くなりました。

d1021.hatenadiary.jp

#政界再編・二大政党制

習近平がディープステートの親玉と言う構図に今は成っているのです。

#反中国#対中露戦#習近平伏魔殿体制=旧体制

d1021.hatenadiary.jp

タイでは若者たちが警察の取締りに対抗して連日、集まる場所を変えながらデモを続けていて、27日は首都バンコクの主要道路の交差点を占拠してデモを行いました。

デモ隊は要求の1つである憲法改正が、議会で事実上、拒否されたことに反発を強めていて、プラユット首相の辞任と王制改革を改めて要求しました。

デモに参加した18歳の女性は「私たちの要求に何一つ応えてくれないことに失望している」と話していたほか、28歳の男性は「要望に対する政府の反応はある程度、予想できたが、デモ隊への警察の対応はあまりにも不当だ」と非難していました。

これまでのデモで、若者たちと警官隊がたびたび衝突しているため、プラユット首相は法に従ってデモを徹底的に取り締まる方針を表明していますが、27日は警官隊がデモを監視しているものの、抑え込む動きは見せていません。

デモ隊は混乱の収束を図りたい軍の側が憲法を停止し、超法規的措置としてデモ隊の強制排除に乗り出すのではないかと警戒を強めていて、地元メディアも軍の動向や幹部の発言を詳しく伝えています。

d1021.hatenadiary.jp

#東南アジア

prepper.blog.fc2.com

トランプと彼の支持者は、勝利へのしっかりした展望を持っている。
これから、トランプの弁護団は、マルキスト民主党の外堀を埋めつつ、本丸に攻め入るだろう。

誰かが、「この大統領選の最大の敗者はメディアである」と言った。
そのとおり、メディアと軽佻浮薄を絵に描いたようなジャーナリストと、いわゆる「有識者」と呼ばれている人々だ。

彼らが、いかに知性に欠けた愚劣で邪悪な生き物たちなのか、もうすぐ誰にでも分かるようになるはずだ。

今回は、トランプの「逆転勝利」を仮定して、米国で何が起こるのか、そして、その余波が日本にどのように襲ってくるのかについて考察します。

その前に、日本のメディアが報じていることは、すべて嘘であるので、これらの報道を鵜呑みにしてしまうと、ゆくゆくは日本人の生命さえ脅かされる事態に陥ることになると繰り返し警告しておきたいと思います。

・・・つまり、ジュリアーニ弁護士は、連邦最高裁判所における訴訟を担当し、米軍の弁護士として登録されたシドニー・パウエル弁護士は、国家反逆罪を提訴できる唯一の場である軍事法廷で決着をつけ、ディープスーテートの本丸を炙り出して一網打尽にしようとしているのです。

主流メディアは、いまだに大統領選の開票結果に法的な根拠を見出すことができず、このままではバイデン陣営に不利と見ると、今度は「トランプ陣営の内部で不協和音が鳴り響いている」かのごとく、トランプ弁護団の分裂を印象付けようとしています。

その好例は、「トランプ支持者の中からも、敗北を認めるようトランプに促す人々が出てきたことによって、トランプ弁護団の足並みに乱れが生じている」などと報じているBBCの報道のような典型的な印象操作に見られます。

「往生際の悪いトランプよ、いい加減に負けを認めろよ!」ということです。
主流メディアは、もう破れかぶれになっています。

・・・シドニー・パウエル弁護士が取り組んでいるのは、米国を乗っ取りつつあるディープステートの巨大な不正の枠組みを破壊するために、容疑者たちを軍事法廷に引きずり出すことです。

そこで裁かれるのは「国家反逆罪」が適用される重罪人ですから、民主党陣営が黒となれば、バイデン親子の終身刑が確定するだけでなく、民主党が主導した不正選挙に協力した共和党議員や州議会の連中、選挙システムに不正な集票・集計プログラムを仕込んだ民間企業も同じく懲役刑に問われることになります。

・・・つまり、トランプが戦っているのは、民主党だけでなく、共和党の中にさえ侵入しているディープステートであって、バイデンなどの小者ではないということなのです。

トランプ陣営は、まずハードルの低い民事訴訟でバイデンの不正を連邦最高裁に印象付けながら、そのいっぽうで長丁場覚悟の軍事裁判の二段構えでディープステートの全貌を炙り出そうとしているのです。

ニューズウィークなどは、法の支配によって適否を決めるのではなく、雰囲気で決めるという日本人の特質をよく研究しており、それ逆手に取って、日本で「パックン」という芸名で活動しているハーバード出身のお笑い芸人に事実誤認も甚だしい記事を書かせています。

そこで炙り出されるものは、中国共産党の工作資金と、ジョージ・ソロスなど、ロスチャイルドをはじめとする国際金融資本の闇の資金の存在です。

彼らは、一見して別々の勢力のように見えていますが、実は全員が、国家乗っ取りの名人である共産主義者であるという点では同衾共沈なのです。

今年に入って、なぜか、今までメディアへの露出を控えてきたロスチャイルド金融帝国の重鎮が、ユーチューブに登場するようになりました。

「我々ロスチャイルド一族が表舞台に立たなければならない理由がないし、立ちたくもない。なぜ公衆に対して、我々の存在を明らかにする必要があるのか」と言いながら、これは矛盾した行動です。

といっても、英国ロスチャイルド家の現当主、ジェイコブ・ロスチャイルド、フランス・ロスチャイルド家の現当主、 ダヴィド・ド・ロスチャイルドとも、インタビューで語った内容は他愛のないものばかりです。

ジェイコブ・ロスチャイルドが中国メディアのインタビューを受けたのは、イングランド南東部のバッキンガムシャーにあるロスチャイルド金融帝国の象徴とも言うべき歴史的建造物ワデスドン・マナー(Waddesdon manor)です。

〈中間省略〉

・・・このインタビューの場所も暗示的ですが、むしろ、ジェイコブ・ロスチャイルドダヴィド・ド・ロスチャイルドが中国メディアによる長時間に及ぶインタビューを承諾したこと自体に大きな意味があるのです。

そう、これらの背後にあるのは「中国」です!
ロスチャイルド金融帝国は、中国を道具に使って世界を共産主義化しようとしているのです!

自民党は、とっくの昔に国際金融資本のグローバリストに乗っ取られており、前述したように、ロスチャイルド金融帝国のシナリオに沿って日本の国土をそっくり中国共産党に差し出そうとしているのです。

・・・デイブ・ホッジズは、「今回の大統領選は米軍によって最初からリアルタイムで追跡されており、その結果、トランプが50州のうち49州で勝利した」との軍事筋からの情報を紹介しています。

トランプ陣営が唯一切り崩すことができなかったのは、民主党の牙城であるニューヨーク州のみということです。

トランプが傑出しているのは、このシナリオのすべてを理解しており、2018年9月12日に「米国の選挙介入に対する制裁を可能にする措置(order to enable sanctions for U.S. election meddling)」に署名していることです。

この大統領令の署名について、トランプは「米国の選挙システムの健全性を守るための措置」と説明しています。

普段、トランプが大統領令に署名するときは、メディアの取材陣を入れてイベント化するのが通例ですが、この「米国の選挙介入に対する制裁を可能にする措置」に署名したときは、大統領執務室から記者たちを排除して一人で密かに署名しました。

〈中間省略〉

・・・これだけ先見の明を持ち、用心深いトランプのことですから、今年の大統領選で、米国に浸蝕している共産主義者を中国資本が支援(買収)して、不正選挙を行うであろうことを予想して準備をしていたはずです。

もちろん、トランプは「米国の選挙システムの健全性を守るための措置」に署名すると同時に、「サイバーセキュリティー・アンド・インフラストラクチャー・エージェンシー(Cyber Security and Infrastructure Security Agency:CISA)」を設置して、選挙における不正投票を未然に防ぐ体制をととのえていました。

にも関わらず、いざ大統領選に臨むと、トランプは「(中国に買収されてしまった)民主党が郵便投票で不正を働くに違いないので、郵便投票を無効にせよ」とだけ警告していたのです。

はて? おかしいと思いませんが?

つまり、トランプが2016年の大統領選に立候補した本当の目的は、あらゆる選挙を不正に操作して米国を陰で支配しているディープステートの全貌を炙り出すためだったのです。

そのために、トランプは自分の大統領選を犠牲にして、米国の民主主義が共産主義によって風前の灯火であることを国民に知らしめようとしたのです。

トランプの愛娘イヴァンカの後日談によれば、トランプは2016年の大統領選で勝つつもりはなく、民主党がいかにして大統領選を乗っ取ってきたかを白日の下に晒すことができれば、それで目的達成とばかり立候補したところが、ヒラリー陣営の不正を暴いたことによって自分が勝ってしまったので、妻のメラニアとともに「こんなはずじゃなかった」と慌てふためいていたと言います。

つまり、トランプと彼を支えるペンタゴンの愛国軍人たちは、「郵便投票の不正にこだわる小心者のトランプ」を印象付けながら民主党を油断させておいて、おとり捜査を仕掛けたのです。

「中国にいるビジネスで関わりのある人物から、人民解放軍の博士号を持った1000人ほどの中国人が、つい最近、アメリカに渡った。
この約1000人は、無線通信の専門家だという。

トランプは、すでに準備をしていて、先日、国防長官のマーク・エスパーを解任して、クリストファー・ミラー国防長官代理を国防長官に昇格させた。

クリストファー・ミラーは、アンチ・テロリズムの専門家なので、トランプは、これからテロが起こると予測しているのだろう。

kaleido11.blog.fc2.com

番組のMCから、「バイデンについて、どう思うか」と訊ねられた小林麻耶が、「バイデンから性的被害を被ったと8人の女性が彼を訴えている。バイデンかトランプかと問われれば、トランプのほうが日本にとっては、まだいいかもしれない」と答えたところ、即刻、番組のプロデューサーから戦力外を通告された。

つまり、番組降板だ。

それだけでなく、彼女が籍を置く生島企画室からも、契約の打ち切りが伝えられた。

もし、このプロデューサーと生島ヒロシが、バイデンの正体を知っており、その上で小林麻耶を事実上の「解雇」扱いにしたのであれば、この二人は視聴者にとって、非常に有害な存在であり、二度と視聴者の前に、その薄汚い顔を晒すべきではない。

事実、ジョー・バイデンは、手当たりしだい女性に手を付ける変質者だ。

カマラ・ハリスは、上院議員になる前、群検察官、地区検察官、そして州検事総長として28年間も刑事裁判に立ち会ってきた。

しかし、彼女のキャリアは偽善と腐敗に満ち満ちている。
「疑わしきも罰す」というのが彼女の信条で、特に黒人の扱いに関しては、奴隷より残酷な扱いをしてきた。

それもそのはず、カマラ・ハリスの先祖は、大量の奴隷をかかえる白人だった。

つまり、カマラ・ハリスは有色人種ではあるが、先祖は白人で、彼女自身も白人至上主義者なのだ

バイデンのような金儲けのために国家機密を中国に売り渡し、米国の市民を危険に晒すだけでなく、性犯罪が唯一の趣味である変態男が大統領にふさわしくないことなど誰でも分かることだ。

それを視聴者に、かなり控えめな表現で伝えようとした小林麻耶を放送界から追放しようというのだ。
いったい、テレビは、どれほど腐敗しているのだろう。

実は、事実をまったく伝えない視聴者の敵こそがテレビ局のキャスター、解説委員、アシスタントの女子アナなのだ。

実は、この大統領選の数年前から、いや、正確に言うと、2016年の大統領選にトランプが立候補する前から、ディープステートの全貌を暴き出すための戦略が練られていた。

2020年の大統領選は、共和党にとって、共産主義者の巣窟と化してしまった民主党(背後には中国共産党がいる。そして、その背後には国際銀行家がいる)の腐敗の構造を暴き出すための選挙だったのである。

その副産物として、共和党の議員の中にも、共産主義に汚染され、中国のマネートラップに嵌められて言いなりになっている議員がいることが炙り出された。

ディープステートのオクトパスを、ひと噛みで食い殺すクラーケンは、まだ放たれていない。
トランプ陣営は、まだ奥の手を見せていないのだ。

さて、日本の菅義偉はどうだろう。

米大統領選の不正選挙の経緯を追っていくと、2012年12月の安倍晋三が大勝した衆院選とそっくりであることが分かる。

1、2年後には、日本の不正選挙の闇も暴かれ、閣僚経験者の中から逮捕者が出るかもしれない。

d1021.hatenadiary.jp

BLM運動に乗じた暴動掠奪に対して民主党知事が治安維持をしない宣言したから
軍を出動しないといけない状況になったのにまた捏造報道してる
結局は州が軍を出したのに

#有馬嘉男

d1021.hatenadiary.jp

青と赤で揺れる 井上裕貴 | ニュース7ブログ | NHK

今回の大覚醒では想像を絶するほどドス黒い敵の正体を大衆に見せつける事が重要
"有名人/高学歴が言ったから"のような権威/肩書きに騙されないよう脳を鍛えないと真の覚醒になりません
押付けられた情報を鵜呑みにするのではなく 自身でパズルを繋ぎ合わせ 偽情報か否か判断する訓練が必要になります

民主党陣営に不正をさせ
世界中の大手マスコミMSMに嘘をつかせ
後でそれが大嘘だということを暴く
証拠は全部ある
一気に世界同時にMSMの信頼を失わせる作戦
同時に有名人の犯罪もあらわになります☺️
#モッキンバード掃討作戦

トランプが再選されたら
逮捕される人たちだらけだから

そりゃあらゆる不正でトランプを潰しに来るわけだ

「トランプはとても奇妙な動きをしている。あまりにも静かで落ち着いている。何かを知っている。ロイヤルフラッシュが手元にあることを知っているポーカープレイヤーのようなものだ。私が民主党派なら怯えきってるだろうな。何かがおかしい。トランプは証拠を握っている。」

 今回、米軍特殊部隊とアフガニスタンから緊急移送されてきたCIAの民兵部隊との銃撃戦の末に押収された複数のサーバーに保存されていた情報は、無事に国防総省の手に渡り、「マイケル・フリン元中将が率いるトランプの私的なインテリジェンス・グループに渡されました」と言う事が分かりました。

今は地球上の全ての人が「試されている」わけです。「正義と真実という戦場での戦い」において、最後まで「愛」を貫くのか、それともそれ以外の価値のないものに惑わされるのかということを。

#米大統領

d1021.hatenadiary.jp

#ロン・ポール

フランスで音楽プロデューサーの黒人男性、ミシェル・ゼクレアさんが、パリ市内のスタジオで今月21日、警察官3人から数分間にわたって暴行され、その様子をとらえた監視カメラの映像がインターネット上に公開されました。

地元メディアによりますと、警察官はゼクレアさんが公共の場で義務づけられているマスクを着用していないとして拘束しようとしたということで、ゼクレアさんは顔などにけがをしたほか、警察官に人種差別的なことばで、ののしられながら殴られたと証言し、衝撃が広がっています。

AFP通信は、これまでに警察官4人が暴行の疑いなどで拘束されたと伝えていて、マクロン大統領は27日、みずからのフェイスブックで映像について「恥ずべき行為だ」と強く非難しました。

フランス政府は、治安対策の一環として、勤務中の警察官の個人を特定する顔などの画像や、動画を撮影し拡散することを禁じる法案の成立を目指していますが、警察官による暴行の証拠が得られなくなるなどとして抗議の声が上がっています。

今回の映像で、反発は一層強まっていて、カステックス首相が法案の修正を示唆するなど対応を迫られる事態となっています。

d1021.hatenadiary.jp

#EU

イランの国防軍需省は27日、国防軍需省の研究開発部門トップの科学者、ファクリザデ氏が車で移動中に何者かに襲われ、その後、病院で死亡したと発表しました。

複数のメディアは、襲撃されたのは首都テヘランの郊外で、爆発音や銃声が聞こえたと伝えています。

ファクリザデ氏は、核開発技術を研究する科学者として知られています。

イラン政府は、核兵器の開発については繰り返し否定していますが、ファクリザデ氏は、過去に国連安全保障理事会の決議で、「核や弾道ミサイルの開発に関与した人物」として名前があがっています。

事件を受けて、イランのザリーフ外相は、ツイッターイスラエルの関与が強く疑われる」と投稿しました。

また、最高指導者ハメネイ師の軍事顧問を務めるデフガン氏も、ツイッターで、イスラエルが、イランを敵視するアメリカのトランプ政権のうちに圧力を強めようとしているとの見方を示しました。

そのうえで、「落雷のごとく襲いかかり、彼らを後悔させる」と報復を警告していて、イラン側の対応次第では、今後、情勢が緊迫する可能性も懸念されます。

d1021.hatenadiary.jp

#中東

エチオピアでは、北部の州政府を担う少数民族ティグレの軍事部門が、11月4日に政府軍の基地を攻撃したのをきっかけに、政府軍との間で戦闘が始まりました。

北部ではインターネットなどの通信が遮断され、詳しい状況は明らかになっていませんが、アビー首相は「作戦は最終段階に入った」とする声明を出しています。

また、ロイター通信によりますと、政府軍の高官は27日、政府軍が、すでに北部のいくつかの町を制圧して、州都メケレに向けて攻勢を強めていると明らかにしました。

国連のグテーレス事務総長は、双方に対立をやめて、平和的に解決するよう求めているほか、アフリカ諸国でつくる、AUアフリカ連合が仲介のために特使を派遣し、27日、首都アディスアベバで、アビー首相と会談しましたが、アビー首相は、軍事作戦を続ける考えを伝えました。

現地からは、すでに4万人を超える人が隣国のスーダンに難民として逃れるなど、人道危機が深まっていて、今後、およそ50万人が暮らすメケレに戦闘が及ぶことで、市民の被害が一層拡大することが懸念されています。

ノーベル平和賞を受賞したアビー首相が、なぜ軍事行動という強硬な手段に出ているのか。

背景には、国内で民主化を進める中で、民族対立が表面化していることがあります。

エチオピアの人口は1億人余りと、アフリカでは、ナイジェリアに次いで2番目に多くなっています。

およそ80の民族で構成される多民族国家で、アメリカの情報機関によりますと、最大勢力のオロモが全体の35%を占め、次いでアムハラが28%、今回、政府側との間で衝突に発展している少数民族ティグレは7%となっています。

かつては、少数派ティグレが政権を主導してきましたが、2年前に、オロモ出身のアビー首相が誕生すると、非常事態宣言を解除して、政治犯の釈放を進めたほか、報道への検閲を廃止し、公正な選挙の実現を目指すと表明するなど、国内の民主化を進めました。

ノーベル平和賞の選考委員会は、隣国エリトリアとの和平に加え、国内の民主化に向けた取り組みを評価して、去年、アビー首相に平和賞を授与しました。

ところが、民主化が進むにつれ、オロモからは、最大民族に見合った権利の拡大を求める声が出たほか、ティグレやそれ以外の民族からは、アビー首相がオロモばかりを優遇しているとして、反発する動きが広がり、各地で、民族間の対立が表面化する事態となりました。

このうち、ティグレの勢力が主導する北部の州は、ことし予定されていた全国規模の総選挙が、新型コロナウイルスの感染拡大を理由に延期されると、これに反発して州内で選挙を強行し、中央政府とのあつれきが深まりました。

こうした中、今月4日、ティグレの勢力の軍事部門が北部にある政府軍の基地を攻撃すると、アビー首相は「一線を越えた行動だ」として、ティグレの勢力を排除するため、軍事行動に乗り出しました。

ノーベル平和賞の選考委員会は去年、アビー首相に平和賞を授与すると発表した際、その功績をたたえる一方、エチオピアで民族対立が広がっているとして、「時期尚早だと考える人がいるのも疑いがない」とも指摘していました。

エチオピアで民族間の対立が激化し、人道危機が深まるなか、その懸念が現実のものとなり、平和賞が掲げる理想と逆行する事態となっています。

国連は、一連の戦闘によって、これまでに4万3000人を超える人々がエチオピアから隣国スーダンに逃れたとしていて、軍事衝突による人道危機が深まっています。

UNHCR=国連難民高等弁務官事務所が、現地で撮影した映像からは、隣国スーダンに逃れてきた人々がボートで川を渡り、国境地帯で列をつくっている様子がうかがえます。

エチオピアから逃れてきた男性は「ここでは、爆発音も聞こえず安全だが、戦争のために着の身着のまま逃げてきたため、毛布の一枚も持っていない」と疲れた様子で話していました。

そのうえで、「まさか自分が難民になるとは思ってもみなかった。かつては誰もが働き、勉強し、安全な状況だった」と突然の状況を振り返っていました。

一方、OCHA=国連人道問題調整事務所は、政府軍と少数民族ティグレの軍事部門との間で戦闘が起きている北部の地域以外でも、複数の衝突があり、新たに9万5000人以上が、住む場所を追われたとしています。

こうした地域で人々は、屋根のない場所で寝泊まりしていて、水や食糧、それに避難所が必要だとしています。

エチオピアの隣国スーダンで難民の支援にあたっている、ユニセフ=国連児童基金の担当者はNHKのオンライン形式の取材に応じ、劣悪な環境のなか、女性や子どもたちが歩いて避難してきているとして、国際社会の支援を求めました。

ユニセフの東部・南部アフリカ地域事務所のジェームス・エルダー広報チーフは、エチオピアからの難民について、「4、5日かけて、子どもを背負った妊婦が歩いたり、川を渡ったりしながら逃げてくる厳しい状況で、到着した時には、健康状態が悪くなっている。水は病気の発生を防ぐためにも欠かせない」として、水や食糧による支援を急いでいるとしています。

また、子どもたちの状況について、「家族と離れ離れになっている子もいる。心のケアや家族の安否確認もわれわれの使命だ」と述べました。

さらに、アフリカでも影響が広がる新型コロナウイルスの感染について、「人道上、懸念する点だ。予防策を繰り返し行っている」と述べ、コロナ禍での支援の難しさを指摘しました。

そのうえで、「この地域では、新型コロナに限らず、バッタの食害もあり、ことしは困難な年だった。そこに、戦火にさらされて家を追われた人々がいる。想像を絶する困難の中にある」と難民の置かれた窮状を訴えました。

一方、エチオピア軍の軍事作戦の標的となっているティグレ州の州都メケレでは、人口50万人のうち、およそ半数を子どもが占めているということです。

衝突が拡大すれば、さらに多くの難民が発生することが懸念され、ユニセフでは、戦闘を停止する必要性を訴えるとともに、国際社会に対して支援を求めています。

エチオピアで、北部の州を拠点とする少数民族の勢力と政府軍との間で戦闘が続くなか、国際的な人権団体、アムネスティ・インターナショナルは、独自に入手した写真や映像、証言などをもとに、今月9日に北部の町で市民数百人が襲われ、虐殺が起きたおそれがあるとする報告書をまとめました。

報告書では、「今回の戦闘に関与していない、日雇い労働者などの多くの民間人が虐殺されたことを確認した。これは恐ろしい悲劇だ」と指摘し、目撃者や生存者などの話として、多くの人が刃物やなたで襲われ、殺害されたと報告しています。

アムネスティ・インターナショナルは、虐殺が誰によって行われたかは確認できていないとしながらも、目撃者の話として、少数民族ティグレの軍事部門が、民間人の虐殺に関わった可能性があるとしています。

この地域への立ち入りは制限されているほか、通信が遮断されていて、アムネスティ・インターナショナルは政府に対し、通信の復旧のほか、すべての人が自由に人権団体などにアクセスできるよう求めています。

エチオピア情勢に詳しい、アジア経済研究所の児玉由佳研究員は、今回の対立について、「エチオピアは民族ベースの連邦制を敷いているので、権力対立が起きると、結果的に民族対立の構図になってしまうのが問題だ」と話し、中央政府と州政府の対立が、そのまま民族間の対立に結び付く難しさを指摘しました。

一方、去年、アビー首相がノーベル平和賞を授与されていることについては、「ノーベル賞の受賞は、時期尚早であったかもしれないが、民主化を国内で進めていたアビー首相に対してだけではなく、他のアフリカ諸国にも民主化を進めてほしいという励ましを込めての授与だったと思う」と話し、エチオピアやアフリカ諸国全体への期待を込めた授与だったという見方を示しました。

ただ、今回の政府による北部の州への対応については、「政府が電話やインターネットを遮断しているため、現地の情報が入ってこない。ライフラインなどが遮断されることで、市民の生命に危機的な事態が生じていて、非難されるべきだ」と批判しました。

そのうえで、今後の展開について、「今回の紛争で、政権がひっくり返ることはないと思うが、事態が落ち着くかは疑問だ。ティグレ人民解放戦線が完全に降伏せず、ゲリラ的な手段に出ることもあり、事態は見通せない。今後重要なのは、来年に延期された選挙を、民意を反映させるような形で行えるかが、いちばんのポイントになる」と分析しています。

d1021.hatenadiary.jp

#アフリカ

27日のニューヨーク株式市場ダウ平均株価の終値は、25日に比べて37ドル90セント高い、2万9910ドル37セントでした。

アメリカは前日の26日が感謝祭の休日で、27日は連休の谷間にあたり、取り引き時間が、通常より3時間短くなっていることもあって、値動きは小幅でした。

一方、IT関連銘柄の多いナスダックの株価指数は、この日も値上がりし、終値は25日に続いて、最高値を更新しています。

また、主要な500社の株価で算出する「S&P500」の株価指数も最高値をつけています。

感謝祭の翌日にあたる27日の金曜日は、年末商戦が本格的に始まり、ほぼすべての小売り店が黒字になることから、「ブラックフライデー」と呼ばれます。

ことしは、新型コロナウイルスの影響で、多くの人が外出を控えていますがインターネット販売の大幅な伸びで、全体の売り上げは、去年並みかそれ以上と予測され、投資家の安心感につながっています。

d1021.hatenadiary.jp

#マーケット

#コンビニ

d1021.hatenadiary.jp

#決済

d1021.hatenadiary.jp

#食事#レシピ

blog.goo.ne.jp

弁当屋で「崎陽軒」の赤飯弁当を購入。

豚肉と茄子とピーマンン味噌煮、薩摩芋の林檎の赤ワイン煮、サラダ、味噌汁、ごはん。

デザートはいただきものの焼き菓子と紅茶。

#食事#おやつ

 全日本空輸が、客室乗務員の勤務日数や給与を減らす代わりに地方居住を認め、主要拠点の羽田や成田などの各空港に通える仕組みを来年4月から時限的に導入すると労働組合に提案したことが28日、分かった。新型コロナウイルスの流行で国際線を中心に減便が相次ぐ中、リストラをせずに人件費の圧縮を進め、需要回復時の人員を確保する。

 全日空のほとんどの客室乗務員は現在、発着便数が多い羽田、成田両空港の近辺に住んでいる。新制度では、出身地で副業に就いたり、配偶者の転勤に同行したりしやすくすることなどを想定。空港への通勤は、交通費実費精算やグループ内運航便への搭乗などを検討する。

#浜松


【ゴルフ】白石麻衣、初めてゴルフに挑戦【完全初心者】#15


【マットVlog】マットのジムニー購入の舞台裏とは!?

#決済

#滋賀県警

#食事

#アウトドア#交通

#エンタメ